がんばれ!烏森の子どもたち!

1月22日(金)「文部科学省研究開発学校 中間発表会」を開催しました。

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
感染症対策のため、Zoomでつないで行いました。目黒区内をはじめ東京都内、全国からリモートにより参加がありました。

令和3年1月25日(月)

画像1 画像1
☆今日のこんだて☆
・おにぎり(わかめ・ゆかり)
・鮭の塩焼き
・ひとしお野菜
・大根の味噌汁
・牛乳


☆食材の産地紹介
鮭(三陸) 油揚げ(佐賀・新潟)
きゅうり(埼玉) キャベツ(愛知)
人参(千葉) 大根(神奈川)
小松菜(埼玉) 長ネギ(千葉)


☆学校給食週間
今朝の放送朝会で副校長先生よりお話しして頂いたように30日までは、全国学校給食週間です。期間中は給食について献立内容とあわせてお話をしていきます。給食のことをよりよく知ってもらえる機会にしたいと思います。
1日目は、学校給食の始まりについてです。給食は今から、やく100年くらい前、山形県の寺子屋(お寺でやっていた学校)で、お昼のお弁当をもって来られない子どものために用意されたお昼ごはんが始まりと言われています。今日は、その頃の給食を再現してみました。味わっていただきましょう。

明日は給食委員会集会があります。「給食のはじまり」について読み聞かせと給食の歴史などについて発表します。



令和3年1月22日(金)

画像1 画像1
☆今日のこんだて☆
・カレーライス
・ミネラルサラダ
・カルピスゼリー
・牛乳


☆食材の産地紹介 
豚肉(茨城) 大豆(北海道)
ひじき(長崎) 茎わかめ(三陸)
じゃこ(広島) じゃがいも(北海道)
ごま(スーダン・パラグアイ)
にんにく(青森) 生姜(熊本)
玉ネギ(北海道) 人参(千葉)
大根(東京) もやし(栃木)
切り干し大根(国産) きゅうり(高知)
みかん缶(国産)


☆カレーの日
1月22日は、カレーライスの日です。昭和57年に学校給食開始35周年を記念して制定されました。
最近はインドカレーやタイカレー、スープカレーなど本格的なお店やスパイスを工夫したカレー店なども増えてきました。
しかし、昭和の時代は、カレーといったらそのほとんどが日本のカレーライスでした。日本のカレーはインドからイギリス経由で入ってきて独自に進化したものです。日本ならではの料理でもあり、最近ではインド人にも日本のカレーが美味しいと評判になっていたりするそうです。
今日は、烏森小特製のカレーライスです。
食べ残しもなく、美味しくいただきました。


令和3年1月21日(木)

画像1 画像1
☆今日のこんだて☆
・大豆ピラフ
・芋もち
・アサリとワカメのスープ
・牛乳


☆食材の産地紹介  
鶏肉(岩手) 大豆(北海道)
ワカメ(三陸) アサリ(熊本)
豆腐(佐賀・新潟) じゃがいも(北海道)
ごま(スーダン・パラグアイ) 玉ネギ(北海道)
人参(千葉) コーン(北海道)
パセリ(茨城) 長ネギ(埼玉)


☆芋もち
今日の芋もちは、じゃが芋で作ったお餅です。
じゃが芋を蒸して、熱々のうちにつぶします。つぶす時にでん粉を加えることでモチモチになります。形を丸く整え、油で揚げます。砂糖としょうゆ・みりんで作った甘辛のタレにからめていただきます。
香ばしい香りと甘辛いタレ・モチモチの食感を楽しみました。
食べ残しもなく、よく食べていました。


令和3年1月20日(水)

画像1 画像1
☆今日のこんだて☆
・麻婆丼
・もやしのナムル
・中華風コーンスープ
・牛乳


☆食材の産地紹介
豚肉(茨城) 豆腐(佐賀・新潟)
鶏肉(岩手) 卵(青森)
にんにく(青森) 生姜(熊本)
人参(千葉) たけのこ(千葉、他国内産)
玉ネギ(北海道) にら(栃木)
小松菜(東京) もやし(栃木)
しめじ(長野) コーン(北海道)
ごま(スーダン・パラグアイ)


☆旬野菜・小松菜
今日は、ナムルとスープに使った小松菜のお話をします。
小松菜は、今が旬の冬野菜です。産地は、東京都江戸川区小松川地区が発祥とされています。
名まえの由来は、江戸時代に徳川吉宗が鷹狩に行った際に地域の人々からご馳走になったお雑煮の青菜が美味しく名まえを聞いたところ、まだ、名前がなかった小松菜にこの地区の名まえをつけたと言われています。
数少ない東京野菜の一つです。
烏森小で使う小松菜も東京で農家をしている「田倉農園」さんから届けてもらうことが多いです。
産地が近く、新鮮であること、作り手の農家さんがわかることは、給食づくりで安心・安全に結びつく大事なことになります。
今日もおいしくいただきました。



令和3年1月19日(火)

画像1 画像1
☆今日のこんだて☆
・けんちんうどん
・きびなごの唐揚げ
・白玉しるこ
・牛乳


☆食材の産地紹介
鶏肉(岩手) 生揚げ(佐賀・新潟)
竹輪(浜藤) きびなご(鹿児島)
小豆(北海道) 豆腐(佐賀・新潟)
里芋(愛媛) 人参(千葉)
ごぼう(青森)      大根(東京)
長ネギ(千葉)      生姜(熊本)
にんにく(青森)


☆白玉しるこ
1月11日は「鏡びらき」でした。
お正月にお供えした、鏡もちをさげて、割ることをいいます。そして「おしるこ」や「あげモチ」などにしていただきます。
切らないのは、神様にお供えしたものなので、切ってはいけないとされ、手や木づちで割りますが、割るという言葉も良い表現はないので「開く」と言う言い方になったと言われています。
みなさんの家でも11日に鏡餅を割って食べた人もいると思います。
鏡開きから少し時間があいてしまいましたが、烏森小では白玉をおもちの代わりにして「おしるこ」にしていただきます。
一月にいろいろある行事食の1つです。おいしくいただきました。


令和3年1月18日(月)

画像1 画像1
☆今日のこんだて☆
・鮭バターライス
・ポテトオムレツ
・ひよこ豆のスープ
・牛乳


☆食材の産地紹介
鮭(三陸) ハム(関東産)
卵(青森) 鶏肉(岩手)
ひよこ豆(アメリカ) 
じゃがいも(北海道)
小葱(福岡) しめじ(静岡)
玉ネギ(北海道) パセリ(茨城)
人参(千葉) エリンギ(長野)
キャベツ(群馬) コーン(北海道)


☆鮭バターライス
今日の給食は「鮭バターライス」です。
鮭バターライスは、給食のオリジナルメニューです。魚が苦手な人でも食べやすいように、一口サイズにカットしています。そして、ごはんに合う味付けを考えて作った炊き込みごはんです。
鮭とバター・しょうゆの香りが食欲をそそる味付けごはんです。
どのクラスもよく食べて食べ残しもほとんどありませんでした。


令和3年1月15日(金)

画像1 画像1
☆今日のこんだて☆
・鱈の酢豚風ごはん
・豚汁
・みかん
・牛乳


☆食材の産地紹介
鱈(アメリカ) 豚肉(宮崎)
豆腐(佐賀・新潟) こんにゃく(群馬)
じゃがいも(北海道) 生姜(高知)
ピーマン(茨城) にんにく(青森)
人参(千葉) 玉ネギ(北海道)
たけのこ(福岡) ごぼう(青森)
大根(神奈川) 長ねぎ(千葉)
蔵出しみかん(神奈川)


☆豚汁
寒い日が、続きます。寒い季節にぴったりの料理の一つに今日の「豚汁」があります。
豚汁は、豚肉とごぼう・にんじん・だいこん・ねぎ・生姜などの野菜を使って味噌で味つけした「みそ汁」です。ごぼうや大根などの土の中で大きくなる根野菜は体を温める働きがあります。だしをかつお節でしっかりとることで、香りも豊かになりました。ごはんとの相性も抜群です。
しっかり、食べて体の中から温まりました。食べ残しも少なかったです。


令和3年1月14日(木)

画像1 画像1 画像2 画像2
☆今日のこんだて☆
・びっくりピザパン
・茎わかめのサラダ
・ミネストローネ
・牛乳


☆食材の産地紹介
ベーコン(茨城・群馬・千葉)
えび(タイ)          茎わかめ(三陸)
じゃこ(広島)         豚肉(熊本)
大豆(北海道)         じゃがいも(北海道)
ごま(スーダン・パラグアイ)  にんにく(青森)
玉ネギ(北海道)    ピーマン(宮崎)
切り干し大根(国内産)    きゅうり(宮崎)
もやし(神奈川)        人参(千葉)
長ネギ(千葉)         生姜(高知)
セロリー(愛知)    マッシュルーム(岡山)
パセリ(静岡)


☆びっくりピザパン
今日は、給食室で、生地から作った「手作りパン」のお話しです。名前の由来は、大きな鉄板に広げて焼(や)きあげるので「びっくりピザパン」といいます。給食のオリジナルメニューです。
鉄板1枚で12人〜18人分ものピザパンが焼けます。
ピザパンができるまでには、粉をこねる、ピザソースをつくる、具になる野菜を洗う、切る、炒める、ピザ生地にソースをぬる、具やチーズをのせる、オーブンで焼く。さらに、人数分に、切り分けるなど。とても、手間と時間がかかる仕事ですが、調理師さんは、とても一生懸命に作ってくださいました。
焼きたてのピザパンをおいしくいただきました。食べ残しも少なかったです。



令和3年1月13日(水)

画像1 画像1
☆今日のこんだて☆
・うま煮丼
・えのきの味噌汁
・はるか
・牛乳


☆食材の産地紹介
豚肉(熊本)        凍り豆腐(カナダ)
油揚げ(佐賀・新潟) 糸こんにゃく(群馬)
たけのこ(福岡) 人参(千葉)
玉ネギ(北海道) 小松菜(東京)
えのきたけ(新潟)     長ネギ(千葉)
はるか(熊本)


☆はるか
今日は、デザートの「はるか」についてお話します。
はるかは1980年(昭和55年)に福岡県で「日向夏」と言う種類のみかんから新しく生まれたものです。その後1996年(平成8年)に品種登録されました。
はるかは、レモンのような黄色やうす緑色っぽい見た目なので、酸っぱそうに見えますが、香りがよく酸味も少ない、さわやかな風味と上品な甘さが特徴です。これから2月にかけて旬を迎える果物の1つです。
見た目に騙させず、おいしくいただきました。


令和3年1月12日(火)

画像1 画像1
☆今日のこんだて☆
・ごはん
・海苔の佃煮
・えびと豆腐の煮物
・呉汁
・牛乳


☆食材の産地紹介
のり(国産)   あさり(熊本)
えび(タイ)   鶏肉(鹿児島)
豚肉(熊本)
豆腐(佐賀・新潟)   大豆(北海道)
油揚げ(佐賀・新潟)   にんにく(青森)
人参(千葉)   玉ネギ(北海道)
白菜(茨城)   長ネギ(千葉)
ピーマン(茨城)   大根(神奈川)
ごぼう(青森)       ホウレン草(千葉)


☆のりの佃煮
今日は、のりの佃煮のお話です。佃煮の「佃」とは、東京都中央区にある「佃島」という地名から付けられたものです。
江戸時代、佃島の漁師たちが、売れない小さな魚や貝などを、しょうゆや塩で煮て保存食にしたものが始まりだと言われています。
今日は、のりとあさりをしょうゆ・みりん・砂糖で甘辛く煮た佃煮です。白いごはんにぴったりのおかずです。
今日も落ち着いて静かにおいしくいただきました。

感染症(飛沫)予防のため、食べる時は、「おしゃべりしない」約束にしてもらっています。
そのため、楽しい給食時間もつまらない時間にならないように「給食時間は、食べることに向き合って、どのように作られたのか?どんな材料が使われているのか?ごはんとの相性は良いか?など思ったり、感じながら食べる時間にしてほしい」とお話ししました。
感想・ご意見は給食以外の時間にお願いしますと言ったところ、早速、昼休みに「今日の呉汁がおいしかった。」「佃煮の味つけが良かった」と教えてくれた2年生がいました。とても嬉しかったです。

令和3年1月8日(金)

画像1 画像1
☆今日のこんだて☆
・わかめごはん
・おみくじコロッケ
・レモン醤油かけ
・すまし汁
・牛乳


☆食材の産地紹介
わかめ(三陸) じゃこ(広島)
豚肉(宮崎) たこ(北海道)
ウィンナー(関東) 鶏肉(宮崎)
豆腐(佐賀・新潟)
じゃがいも(北海道) 玉ネギ(北海道)
キャベツ(茨城) 人参(千葉)
きゅうり(高知) レモン(高知)
長ネギ(千葉) 小松菜(埼玉)


☆おみくじコロッケ
2021年、後期後半がスタートしました。
今年初めの給食で運だめしをしました。
皆さんが選んだコロッケには、「たこ」「ウインナー」「チキン」の3つのうちどれか1つが入っていました。
入っていたものによって、あなたの運勢も、変わるかも?!と言うことで、
はじめに「たこ」です。たこの足は8本、漢字の「八」は末広がりと言って縁起のよい数字です。努力すれば、四方八方に良いことがあるでしょう。
次に「ウインナー」です。ウインナーの「ウイン」から勝負に勝つ、努力すれば勝つ・1位になることがあるでしょう。
3つ目は「ゴールドチキン」黄金味、カレー味のチキン、何ごとも努力すれば、キラキラ輝く未来がまっているでしょう。と言うないようでした。

食べる前からワクワク・ドキドキ、「どれが大吉なの?」と興味津々、喜びもあり、ちょっと苦手もあったようですが、概ね楽しめたようです。

今年もしっかり食べて健康に!
いろいろなことにチャレンジして良い年にしましょう。


令和2年12月25日(金)

画像1 画像1 画像2 画像2
☆今日のこんだて☆
・パエリア
・鶏肉の唐揚げ
・ジュリエンヌスープ
・ジンジャークッキー
・牛乳


☆食材の産地紹介
鶏肉(岩手) いか(ペルー)
えび(タイ) ベーコン(宮崎)
にんにく(青森) 玉ネギ(北海道)
人参(千葉) マッシュルーム(岡山)
ピーマン(茨城)赤ピーマン(宮崎)
生姜(高知) キャベツ(愛知)


☆後期前半終了
今日で、後期前半が終了します。今年度6月19日から始まった給食も100回を越え、今日で115日目です。新しい生活スタイルでの給食。手洗い・消毒・並び方は、きちんと身についたでしょうか? 残さず食べる習慣がつきましたか?楽しい給食時間になったでしょうか?たくさん振り返ることがありますね。

冬休み前の給食は、カラフルなパエリアと皆さんが大好きなから揚げ、野菜たっぷりのジュリエンヌスープ、手作りジンジャークッキーの組み合わせです。
静かに落ち着いて、おいしくいただきました。
食べ残しも少なくよく食べていました。

☆おまけで入っていたクッキーのじゃんけんも楽しそうでした。


令和2年12月24日(木)

画像1 画像1 画像2 画像2
☆今日のこんだて☆
・さつま芋ごはん
・きびなごの唐揚げ
・かわりちゃわんむし
・牛乳


☆食材の産地紹介
きびなご(鹿児島) たまご(青森)
鶏肉(岩手) エビ(田井)
さつまいも(茨城) ごま(スーダン・パラグアイ)
生姜(高知) にんにく(青森)
人参(千葉) 玉ネギ(北海道)
たけのこ(福岡) えのき(新潟)
しめじ(長野) 三つ葉(埼玉)


☆かわり茶わん蒸し
今日は茶わん蒸しのお話です。
茶わん蒸しは、名前の通り茶わんごと蒸す料理のことを言います。
茶わん蒸しの発祥は、江戸時代の初め、長崎と言われています。中国と貿易をしていた長崎では、おもてなし料理として卓袱料理が生まれ、その中の料理の1つに「茶わん蒸し」も入っていました。
その後、茶わん蒸しは日本各地に広がり色々な茶わん蒸しが出来上がりました。
烏森小の給食では、クラスごとに大きなバットで茶わん蒸しを作り、海鮮のあんをかける卓袱料理風にアレンジしました。
食べ残しも少なく、おいしくいただきました。


4年生の社会科見学

画像1 画像1 画像2 画像2
水の科学館は貸し切りで、たくさん体験ができました。

4年生の社会科見学

画像1 画像1
高さ30メートルの埋め立ての丘にて。

4年生の社会科見学

画像1 画像1 画像2 画像2
埋め立て地をバスの中から説明を聞きながら見学。

4年生の社会科見学

画像1 画像1 画像2 画像2
中央防波堤ゴミ処分場。ゴミについての説明を学習しました。

令和2年12月23日(水)

画像1 画像1
☆今日のこんだて☆
・ご飯
・さんまの松前煮
・茎わかめのサラダ
・なめこの味噌汁
・牛乳


☆食材の産地紹介
さんま(北海道・宮城) 昆布(北海道)
茎わかめ(三陸) じゃこ(広島)
豆腐(佐賀・新潟) ごま(スーダン・パラグアイ)
にんにく(青森) 生姜(高知)
切り干し大根(国内産) きゅうり(宮崎)
もやし(神奈川) 人参(千葉)
長ネギ(千葉) なめこ(山形)
ホウレン草(群馬)

☆さんまの松前煮
今日の主菜(大きなおかず)「さんまの松前煮」は、北海道の郷土料理「松前漬け」を給食用にアレンジしたメニューです。
さんまは細長く中骨が硬い魚です。(「さんまの塩焼き)で大きな骨があったこと覚えていますか?)
その「さんま」をおいしく食べやすくした料理をいいます。
特徴は、調味料に「酢」を加えることと「昆布」のうまみを加え、時間(2時間以上)をかけてじっくり煮込むところです。
さんまを丸ごと骨まで食べられるようになり、食べ残すところがありません。
しっかり、味わって骨までいただきました。
どのクラスも上手に骨ごと食べていました。食べ残しもほとんどありませんでした。


令和2年12月22日(金)

画像1 画像1
☆今日のこんだて☆
・マーボどん
・中華風コーンスープ
・みかん
・牛乳


☆食材の産地紹介 
豚肉(茨城) 豆腐(佐賀・新潟)
鶏肉(岩手) たまご(青森)
にんにく(青森) 生姜(高知)
人参(千葉) たけのこ(福岡)
玉ネギ(北海道) にら(茨城)
しめじ(福岡) コーン(北海道)
小松菜(東京)   みかん(熊本)


☆マーボどん
「マーボどん」の豆腐は、夏は冷たく「冷ややっこ」として、寒い冬は温かい鍋料理やスープなどに使われて大活躍です。
この豆腐は、中国から伝わり、江戸時代には料理の本が出るくらい、庶民の間でも食べられるようになった人気の食べ物です。
今では、中国や日本だけでなく、世界中で健康食材として多くの人々に食べられています。
今日は、烏森小特製「マーボどん」として登場です。
ごはんにかけて美味しくいただきました。食べ残しもほとんどありませんでした。


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

空間放射線測定結果等

授業改善プラン

学校いじめ防止基本方針

SNS学校ルール

災害時の緊急対応

2020 学校だより

2020 学年だより