(1)各教科、道徳、特別活動、総合的な学習の時間

ア 各教科

  1. 数学科では、単元によって習熟度別の学習集団を設定し、習熟の程度に応じた指導を行う。基礎的・基本的な知識及び技能を習得し、それらを活用して問題を解決するために必要な思考力・判断力・表現力を育む。また学び直しの機会を設定するなど繰り返し指導を行う。
  2. 英語科では、少人数編成による指導を行い、個に応じた指導を工夫する。英語での指導を通し、外国の生活、習慣、文化等の理解を深めるとともに、ALTとのティームティーチング等でコミュニケーション能力の基礎を養う。小学校段階での外国語指導との関連を図り、指導計画と内容の改善を図る。
  3. 国語科では、生徒の言語活動を活発にし、言語感覚を豊かにするとともに、思考力や表現力を養い、社会生活に必要な国語能力の基礎を確実に育成する。
  4. 社会科では、我が国の国土と歴史に対する理解と愛情を深め、国際社会に生きる基礎を養うとともに、日本の伝統・文化を学ばせる。
  5. 理科では、実験・観察を重視するなど知識・技能の活用を図る学習活動を工夫し、自然に対する興味・関心を高め科学的思考力を養う。
  6. 音楽科、美術科では、地域の自然や文化への関心をもたせ、芸術のよさや美しさを味わわせて豊かな情操を養う。
  7. 保健体育科では、体力テストの結果を基に毎時間補強運動を実施して体力の向上を図るとともに、集団行動の訓練を行う。各運動領域ごとに学習カードを活用して、個人の課題に応じた指導を推進する。
  8. 技術・家庭科は、各領域の指導を深化し、個に応じた指導に努め、衣食住やものづくり等に関する実習を通して家庭生活や社会生活の充実・向上に役立つ能力を養う。幼稚園等の訪問により、豊かな心を育む。

イ 道徳

  1. 道徳的価値に基づいた人間としての生き方について考えを深められるように配慮し、学校や学級内の人間関係や環境を整えるとともに、指導内容が生徒の日常生活に生かされるようにする。
  2. 指導過程の中で、葛藤する場や生徒の心を揺さぶるような発問の工夫を行い、アンケート等を事前に行うなどの導入の工夫を行う。可能な場合は、T・Tの授業形態も取り入れる。
  3. 実際の指導にあたっては、教師の説話、読み物資料(区作成の副読本等)・視聴覚機器の利用、動作化・役割演技等の生徒の活動を取り入れるなどして、道徳的価値に気付かせる。また、道徳的価値を自分の課題として受け止め、豊かに感じ、より良く生きようとする態度を育てる。
  4. 人権に関わる普遍的な概念を念頭に置き、人権尊重の理念について人権作文などの取組を通じて指導する。また、道徳推進教師を中心に体制をつくり、実践に努める。

ウ 総合的な学習の時間

  1. 周りへの思いやりや他者との関わりを大切にし、自ら意欲を持って物事に取組み、個性や創造性を生かすことができるようにする。
  2. 体験学習、文化祭、学習発表会、ボランティア活動等との関連を図り、様々な教科の学習内容や成果など総合的・横断的な内容を取り入れたものを発表する機会を設け、表現力や鑑賞力を高め、生きる力を身に付けさせる。
  3. 福祉、環境問題、ボランティア活動、健康教育等への関心をもたせるとともに、職業調べや職場体験を通して地域学習及び将来の職業等に関する興味・関心を高めさせる。職場体験に関しては、最低3日間の体験を行わせ、前後の2日間は事前事後指導、職場の人との関わり方を指導する。

エ 特別活動

  1. 計画的に学級活動・生徒会活動・委員会活動に取り組ませ、健全な実践力のある生活態度を育てる。
  2. 生徒会活動、委員会活動の自主的・主体的な活動を全教員で指導する。
  3. すべての生徒がいずれかの部活動を行うことを基本として全教員が部活動の顧問となり指導する。また各部に「部活動保護者会」を設けて、保護者との緊密な連携を保ち、支援を仰いで指導を行う。
  4. 学級・学年・学校行事を通して人としてのマナーを学ばせる。特に「あいさつの声が飛び交う学校」にする。
  5. 校歌や記念歌等の指導を通して「歌声の響く学校」にする。
  6. 計画的に学級活動・生徒会活動・委員会活動に取り組ませ、健全な実践力のある生活態度を育てる。
  7. 生徒会活動、委員会活動の自主的・主体的な活動を全教員で指導する。
  8. すべての生徒がいずれかの部活動を行うことを基本として全教員が部活動の顧問となり指導する。また各部に「部活動保護者会」を設けて、保護者との緊密な連携を保ち、支援を仰いで指導を行う。
  9. 学級・学年・学校行事を通して人としてのマナーを学ばせる。特に「あいさつの声が飛び交う学校」にする。
  10. 校歌や記念歌等の指導を通して「歌声の響く学校」にする。

(2)特色ある教育活動

ア 生き方教室

9月の土曜日に、本校や目黒区にゆかりのある大人の方や社会で活躍されている方々に、各学級で「人としての生き方」について講話等をしていただく。その他に、各学年の総合的な学習の時間や教科毎に、積極的に様々な講師を招き「生き方」を考えさせる機会をつくる。

イ 気仙沼大島中との交流活動と防災教育

1年生の気仙沼自然宿泊体験教室や気仙沼大島中学校3年生の修学旅行受け入れを通して生徒同士の直接交流を図るとともに、生徒会活動等を通して継続的な交流にも取り組む。

ウ 伝統的諸活動の実施

運動会や区連体等で活躍する応援団、文化祭等で行われる学年・学級劇、生徒会役員会が主体となって行うフォークダンスなど、本校の伝統によって培われた諸活動を継承、発展させて実施する。

エ 地域の落ち葉掃き

全校生徒が、教員と共に朝7:30〜8:00まで、秋から冬にかけて 約2週間、地域の住区住民の方々や小学校と連携して行い、広がりを持たせる。

オ 帰国生徒等の保護者会と補充教室(個別指導)

帰国生徒の保護者会を年間2回実施し、保護者同士の交流を図るとともに、学級担任の進路指導を支援する。帰国生徒等を対象に夏期休業中や冬期休業中に補充教室を行う。また、退職された先生にボランティアで個別指導をお願いする。

カ 朝読書活動

始業前10分間を生徒の読書の時間として設定し、取り組ませ方を工夫しながら読書に親しむ態度を育成する。

キ 部活動駅伝大会

住区・地域の大勢の方の協力・支援で、3月の土曜日に、校区周辺を会場に、各部活動対抗の駅伝大会を実施する。本校の運動部活動所属部員は、全員が参加する。地域の大人のチーム・本校のOB・小学校選抜チームも参加する。教員も全員が運営に関わる。

ク お年寄りのパソコン教室

地域在住で参加を希望される高齢者の方に本校のパソコン教室で、教員・パソコン部の生徒がリテラシーを教える。

(3)生活指導・進路指導

ア 生活指導

  1. 全教職員が、生活指導上の課題を共有し、早期発見・即対応をする。運営委員会・職員会議・学年会で「報告・連絡・相談」を励行し、諸課題の解決に向けて、組織的、継続的に対応する。
  2. 学級経営・学年経営を基盤に、生徒の実態や環境を十分理解し、情報収集、交換及び蓄積に努め、十分な生徒理解に基づいた丁寧な指導を行う。
  3. スクールカウンセラーや保護者及び関係諸機関との連携を深めながら、生徒の心のケアに努める。
  4. 配慮を要する生徒の指導については、生活、学習にわたり、個に応じた指導に努める。心身障害のある生徒への特別支援教育を推進する。
  5. スクールカウンセラーによる教育相談や保健室の相談活動を充実する。さらに教員がカウンセリングマインドで、生徒に寄り添った相談活動を推進する。
  6. 「いじめ」等の事象には、学校いじめ対策委員会を中心に組織的に即対応する。また、「子ども会議」等の取り組みを大切にし、小中連携を通していじめが起きにくい土壌を育む。
  7. 「不登校生徒」対応は、保護者・スクールカウンセラーと連携しながら適切・丁寧・継続して行う。
  8. 薬物乱用防止教室などのセーフティ教室の実施、携帯電話の取り扱いの指導等を通して、保護者や地域住民と共に生徒の非行や犯罪被害防止に努める。
  9. 身の回りの生活の安全・交通安全等に関する指導を重視し、安全な行動ができるように努める。

イ 進路指導

  1. 生徒一人一人の将来にわたる生き方を考えさせ、個性、能力、適性や進路希望に基づいた適切な助言を行う。また、自己理解を深める学習を行う。
  2. 3年間を見通し、発達段階に応じた指導計画のもとに職場訪問や職業体験等の体験学習等を通して、望ましい勤労観、職業観の育成を図り、適切な進路選択ができる能力を培う。
  3. 職業及び上級学校について、正しく理解するための資料の収集に努めさせ、その整理・活用の指導の充実を図る。
  4. 進路指導を効果的に進めていくために校内の組織体制を整備し、情報交換を適切に行い、保護者、地域社会及び関係機関と連携して取り組む。
  5. 進路に関する情報を保護者・生徒に適切に伝え、円滑な進路選択を支援する。
  6. 9月の授業参観日に、ゲストティーチャーを学校に招き、すべての学級で「生き方教室」等の講話を実施する。各学年でも、進路・生き方教室を行う際に、積極的にゲストティーチャーをお願いする。