6月8日(金) 児童集会

画像1 画像1 画像2 画像2
今朝の児童集会は、集会委員会が宮沢賢治のことを紹介しました。

宮沢賢治が童話を書き始めたのは1918年です。今年はそこからちょうど100年になります。37年という短い生涯でしたが、子供たちのためにたくさんの童話を残しました。自然を愛し、チェロを演奏し、農業の改革にも努めました。

集会委員会の子供たちは「注文の多い料理店」をスライドに合わせて朗読し、「雨ニモ負ケズ」は一行ずつリレーで読みました。

梅雨に入りました。室内で過ごす時には、賢治の童話の豊かな世界にふれてほしいと思います。

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

学校だより

保健だより

給食だより

平成30年度 年間計画

イングリッシュルームボランティアのお願い