4月7日(火)〜11日(土) 教科書等を図書室で配布致します。  8:15〜16:00

6年 席書会

 冬休み明けの初日、体育館で 席書会が行われました。

6年生となると慣れたもので、てきぱきと準備をして始めていました。

張り替えられたばかりの きれいな床で行うことができました。

校内書初め展は、20日(月)から一週間です。

なお、各学級3名は代表として、目黒の子どもたち展に展示されますので

2番目に上手に書き上げたものが 校内に展示されております。

6年 体育 お昼の会

 マラソン週間が始まっていますが、

その前に3年生と6年生がお手本として走りました。

 児童数増加のため、今年からは2学年ずつ走ります。

各学級ごとにスタート位置をずらし、準備運動をしてから

スタートです。みんなが見守るなか、さっそうと走り抜けていました。



6年 表彰

 令和元年度明るい選挙啓発ポスターコンクールにおいて

佳作や努力賞をいただいた児童の表彰。

 そして

校内夏休み作品展の優秀賞に 選ばれた児童のなかで

6年生が代表として 表彰状を受け取りました。

6年 集会委員会による児童集会

 6年生が中心に行われる児童集会。

集会委員会が、いつもとは一味変わった間違い探しを

企画しました。

 その名も「昔話シリーズ」。

見ている子供たちも大喜びでした。

6年 調理実習 ジャーマンポテト

 今回は、おかずシリーズより「ジャーマンポテト」に挑戦です。

一人1個、包丁でのジャガイモの皮むきにチャレンジです。

体験学習として、包丁での皮むきと「芽」をとることに、全員が取り組みました。

今は、ピーラーという便利なものもありますから、

実生活の中では無理をせず、

その時に合った方法を選んでいければいいですね。

6年 調理実習 ジャーマンポテト 2

 前回学習した「炒める」の前に

5年生で学習した「ゆでる」工程がはいります。

 ゆで時間が短くジャガイモが固めだったグループもありましたが、

どのグループもおいしくできました!

 教科書よりも食欲をそそる盛り付けができました!

5年 6年 アウトリーチプログラム

 めぐろパーシモンホールの

アウトリーチプログラム事業で

熱帯JAZZ楽団を率いるカルロス菅野さんをはじめ

奥山勝さん 澁谷和利さん 荒川琢哉さんが

来てくださいました。


5年 6年 アウトリーチプログラム 2

 何人かの子供たちが実際に 楽器を演奏させてもらいました。

 その子の演奏から始まり、素敵な曲ができあがりました。

5年 6年 アウトリーチプログラム3

 手拍子で演奏に参加、

さらに体でリズムをとって参加しました!

 質疑応答では、なんとリクエストにこたえ、

楽器を入れ替えての演奏をしてくださいました!!

 最後に、サッカーを例にとって、

つまらないと思うことがあっても投げ出さず、

基本のことを地道に取り組むことの大切さについても

教えていただきました。

6年 算数 資料を読み取ろう

 5年生で学習したことを使って

問題を解きます。

 最初の情報だけでは問題は解けません。

問題を解くために、何が必要か、何が足りないか

確かめた後、追加の資料をもとに自力解決。

6年 算数 資料を読み取ろう 2

 自力解決の後、今度は3人で話し合い。

ヒントカードをもとに考える子もいます。

 最後は全体で、学習を確かめ適用問題を解きました。

6年 実技試験

 先日、朝食の学習をしました。

というわけで、

「いためる」というテーマで挑戦した「いろどりいため」から

今回は、短冊切りのテストです。

ハムに見立てたチーズを切ってみました。

6年 読み聞かせ

 1組は、ひさびさに日本の昔話を

紙芝居で読み聞かせていただきました!

 12月下旬には、図書委員会の児童が

低学年の教室で、読み聞かせ実践。

今までの読み聞かせていただいた経験をもとに

読み聞かせに挑戦します。楽しみですね。

6年 いろどりいため その3

 ついに出来上がり、実食!

好みの歯ごたえや好みの味付けになったかな??

さすが6年生。

片付けも含め、てきぱきした行動が

素晴らしかったです。

6年 いろどりいため その2

 切った後は、さっそく炒めます。

どの食材から炒めるのがよいのか。


 どの班も間違えることなく、にんじんから炒め始めます。

あとの食材をどのタイミングで入れるか・・・

ここは班により様々でした。

6年 いろどりいため その1

 楽しみにしていた調理実習。

今回は「朝食」の中でも「いためる」がテーマです。


みんなで協力して準備し、まずは食材を切ります。

6年 不審者訓練

 今年も 不審者訓練が行われました。

 普段の訓練とは違い、実際に、不審者が校内に侵入してきたとき、

どのような行動をすればよいのか 確認しながらの訓練でした。

 何もかもが、最後の活動となります。 

今まで学んできた様々な身を守る方法を忘れないようにしていきましょう。

6年 伝えられてきたもの その1

 国語の学習で「伝えられてきたもの」という単元があります。

「伝えられてきたもの」「古典芸能」の教材文の中には様々なものが

紹介されていますが、特に詳しく紹介されているのが、「狂言」です。


 目黒区には、伝統芸能技能保持者派遣という制度があり、今回

狂言師の方が来てくださいました。

 ただ見るだけではなく、近い距離で 様々な解説を交えながら

見せていただくことで より親しみやすく、分かりやすい楽しい時間を

過ごすことができました。

 歴史を大きな流れでとらえた後は、「狂言」について学習。

動きの決まりや、小道具、衣装のことについても教えていただきました。

6年 伝えられてきたもの その2

 いよいよ教科書に掲載されている「柿山伏」の実演です。

 間近で感じる大迫力の声量と、文章では分からない掛け合いや間、

セリフの言い回し、動きなどに 子供たちは大喜び。

 楽しく鑑賞しました。

6年 伝えられてきたもの その3

 「最後にみんなで体験してみましょう!」

ということで、一緒に大きな声を出してみたり、動いてみたり。

 もしや学芸会前に 今回の体験をしたら、さらにさらに

レベルが上がったかも!?と思ってしまうほど、

大きな声で 「楽しい」などの表現をしました。


 最後の質疑応答のなかで、

なぜ「狂言師」を選んだのかという質問が飛び出し、

将来に向かい、どう過ごしていくのか、

自然にキャリア教育につながる場面もありました。

 時間が過ぎるのが早く感じたほど、素敵なひと時でした。
検索対象期間
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 モバイルページ(携帯サイト)
 アクセス専用QRコード▼  
目黒区立下目黒小学校
〒153-0063
東京都目黒区目黒2-7-9
TEL:03-3491-0332
FAX:03-5496-4859