下目黒小学校ホームページへようこそ Welcome to Shimomeguro Elementary School's website!

1年・6年の音楽交流学習

今日は1年生が楽しみにしていた交流学習の日でした。
学芸会が終わってから準備をしてきた1年生と6年生。
初めに向かい合って挨拶をして、お互いの発声練習を聴き合いました。
その後、6年生の「ふるさと」の発表です。これは3部合唱で練習してきました。
斉唱でしか歌ったことのない1年生は、6年生の歌を聴いて「声が合体していてすごかった!」「きれいな声だった。」と感想を話してくれました。
続いて、6年生のグループ合奏「ダイアナ」の発表。2グループがそれぞれに演奏し終えると、1年生からは拍手がありました。6年生はちょっと照れたような様子でした。

いよいよ、1年生!
6年生と一緒に演奏するために、一生懸命鍵盤ハーモニカを練習してきました。1年生が姿勢良く演奏をしていると、6年生は笑顔で、でも真剣に聴いていました。
そして、合同演奏!!6年生の演奏に合わせて1年生は楽しそうに演奏していました。
最後に1年生から歌のプレゼント、曲は「すてきな友だち」です。
1年生が大きな口を開けてきれいな声で歌っている姿に、6年生も驚いていました。

今回の交流は、どちらの学年にとっても楽しく、お互いに刺激し合えた有意義な時間となったようです。「また一緒にやりたいな。」との声がたくさんありました。
今日のような交流学習の機会をこれからも考えていきたいと思います。

5年 就学時健康診断の係活動

12月のような寒さの中、来年1年生として入学する子どもたちが健康診断に来校しました。
5年生は学校代表として、新一年生のお世話や健康診断のお手伝いをしました。
言葉遣いや行動に気を配り、「優しく親切に!」と心がけながらがんばっていました。
終わった後の片付けまで、しっかりと取り組みました。
新一年生のお世話をすることで、高学年としての自覚ももてたようです。

来年の春、また会えるのを楽しみにしています。

伝統文化クラブ「茶道体験」



後期の伝統文化クラブでは、伝統文化に関わる様々な活動をしています。
今日は前期にも行った「茶道体験」を行いました。講師は地域にお住まいの二ノ宮先生です。先生と一緒に来られたお弟子さんは下目黒小の卒業生だそうです。
今回茶道を初めて体験するという人も多いため、先生からは「【茶道の心】1.物を大切にする。2.目上の人を敬う。3.友だちを大切にする」ということや和室での作法等のお話がありました。
次に、茶道具の名称を確かめてから、一人一人が茶筅でお茶を点てました。初めてのため、難しいことはこの次にするそうです。まずは、自分のお茶の味をみんなで楽しみました。次回は年明けの予定です。
茶道など「道」のつくことは、今の日本で失われてしまった大事なことがたくさん含まれているとお話がありました。今回の体験を通して、『大事なこと』を学んでいってほしいと思います。

感謝の集い 清掃活動 2年

 今月23日は勤労感謝の日です。
 学校では、働く人々に感謝の気持ちを表すような活動を考え、取り組みました。

 2年生ではビオトープの清掃活動を行いました。
 まず、去年使っていた自分たちの鉢をきれいに洗い、片付けました。その後、壊れた鉢、支柱などの燃えないごみや落ち葉などを集めました。
 子どもたちはビオトープを見て回って、「こんなのあったよ〜!」と使われていない鉢などを集めました。落ち葉も熱心に集めて拾い、ごみ袋いっぱいにつめました。

 みんなが使うビオトープをきれいに掃除し、来年も気持ちよく使えるようにできました。

林試の森で冬の植物観察

 林試の森へ行って冬の植物の観察と、季節のフェスティバルに使うどんぐり拾いをしました。
 田中先生に木の名前や特徴を教えていただき、子どもたちは葉っぱをくるくるまわしたり、ひらひらまわる木の実を投げてみたりしました。そして、自分の気に入った葉っぱや木の実を詳しく観察しました。
 たくさんの落ち葉を集めてふみしめたり、きれいな木の実を拾ったり、子どもたちは冬の林試の森を楽しみました。
 子どもたちは季節のフェスティバルで使うものもたくさん集め、「こんなふうにするんだぁ」「こうしたらきれいだよね〜」と想像を膨らませていました。どんなものができるか、とても楽しみです!

11月22日(木) 今日の給食

 今日の献立は、親子丼・豆腐の味噌汁・かき・牛乳です。
親子丼は、玉葱たっぷり、鶏肉たっぷり、卵たっぷり。そして、ふわふわなんです。
かといって、半熟のわけではありません。(給食は、衛生管理上、完全に火を通さなくてはいけません。ではどうやってふわふわにするかというと・・・。
でん粉を使います。)
卵を入れた後、水溶きでん粉を入れると、とろーりふわふわの半熟のようになるのです。
これも給食ならではの、調理さんのテクニックですね。

 この親子丼は、大人気。あっと言う間になくなってしまいました。ご飯が売り切れてしまっていたため、、「具だけでもいいから食べたい!!」と言う子たちが列を作っていました。

 味噌汁は、豆腐の味噌汁です。こちらもよく飲んでいました。

最近、牛乳の残りが目立ちます。9月の平均は1.9キロの牛乳の残に対し、昨日の給食では5キロもの牛乳が残ってきました。牛乳は、成長期の子どもたちのカルシウム源になっています。

今日は、このことをお手紙に書き、「どうして最近残るのだろう?」と子どもに聞いてみると、「寒くなったからかなあ」・・・。
「牛乳には、骨を作る力があるんだよ」という話をすると、「そうか」と納得した様子でした。牛乳の残は3.3キロと昨日よりは減りました。まだまだ多いので、これからも声かけしていきたいと思います。



11月21日(水) 今日の給食

 今日の献立は、ご飯・さばの味噌煮・野菜の炒りごま(ほうれんそう・もやし)・みかん・牛乳です。

 さばは、秋が旬の魚です。脂がのって、おいしさも増します。給食では、白味噌で煮付けます。しょうがも入れるので、くさみもなく、とてもおいしいさばの味噌煮になります。大人っぽい献立と思われるかもしれませんが、下目黒の子はさばの味噌煮が大好きな子が多く、1年生のクラスをのぞきに行くと、「お魚おいしい!」「このたれもご飯にかけて食べたらおいしいよ。」「おかわりできたよ!!」と好評でした。
 

 野菜の炒りごまは、ほうれん草・もやしを、しょうゆなどの調味料とごまで炒め煮にします。味がしみて食べやすくなっていて、おかわりする子がたくさんいました。

 沢煮椀は、だし汁に千切りにした豚肉やごぼう、人参、えのきを入れます。薄口醤油で味を調えた汁は、豚肉のうまみも出ていて美味しい汁になりました。野菜が入っているからか、「ちょっと減らした〜い」と列ができていたのですが、飲んでみて「おいしい!」と減らした分を取り返していました。

 

11月20日(火) 今日の給食

 今日の献立は、五目あんかけそば・ミルクくずもち・牛乳です。
五目あんかけそばには、いか・えび・卵・ぶた肉・野菜と、とにかく具がたっぷりのあんかけをかけて食べます。

 野菜も9種類(きのこも含みます。)使っています。今日は、それをクイズにした手紙をつけました。あるクラスでは「3種類!」と言っていましたが、給食ではなるべくたくさんの野菜を使うようにしています。野菜も好きな野菜ばかり食べていては、バランスがとれません。様々な野菜を食べることで、体の調子を整えてくれるのです・・・。(と、お手紙に書いたのですが、みんなわかってくれたでしょうか?)

 思いが通じたかは、さだかではありませんが、あんかけの残りも今日はほとんどなく、よく食べていました。(むしろ足りないくらいだったようです。)

 ミルクくずもちは、牛乳と片くり粉だけでできる簡単デザートです。
火にかけ、暖めた牛乳に冷たい牛乳にとかした片くり粉を注いでいき、よくねって、片くり粉が糊化し、餅のようになればできあがり!!
 給食では、黄な粉と砂糖をまぶして食べます。牛乳と片栗粉の割合は8:1です。
余裕があれば、直に火をかけずに、湯せんで行うととても滑らかなもちに仕上がります。

 下目黒の調理さんは、とても丁寧に湯せんにかけてくずもちを作ってくださったので、ほんとうにやわらかいくずもちになりました。どのくらいかというと、給食終了後、ある子が

子ども「ねえねえ、今日のミルクくずもち手で食べたんだー」

私「えっなんで!?お箸で食べればいいじゃない!!」

子ども「だってー柔らかかったから、手で食べたくなったのー。すっごくおいしかったよー!!」

(さらには「これ日曜日のもちつき大会のおもち使ったのー?」との声。使ってません・・・。)

本当は箸で食べてもらいたいのですが、(手で持って食べるものもありますので、きちんと手を洗うように指導はしていますので、ご安心ください。)
そのくらいやわらかく、なめらかなくずもちになりました。
牛乳が苦手な子でも気にせず食べられますので、カルシウム補給のデザートに、ご家庭でもどうぞ試してみてください。


また、あるクラスでは、箸の持ち方について話題になりました。そのクラスは箸を正しく持てる子がわりと多いクラスでしたが、やはり持てない子もおり、時折正しい持ち方を見せたり教えたりしました。持てない子も「正しく持ちたい」と思っているようでした。ぜひおうちでも一緒に持つ練習をしてみてください。

5年 連合音楽会

11月16日(金)午後から、目黒区パーシモンホールにて行われた連合音楽会に、下目黒小学校代表として参加してきました。
合唱は「With You Smile」、合奏は「ペルシャの市場にて」です。

行きのバスは、いつになく興奮してハイテンションで向かいました。会場に着いてからは、きれいで大きなホールに感激していました。
最前列センター席というとてもよい場所で、他の学校の素晴らしい演奏を聴くことができました。鉄琴のばちさばきに目をみはったり、歌う表情の豊かさに感心したり、出番までさほど緊張することなく過ごしていました。

いよいよ自分たちの番が来て、舞台裏に並んだときにはさすがに緊張していました。「堂々と入っていきなさい」という音楽の先生のお話を思い出し、舞台に上がりました。
ホールではいつもよりきれいに響く自分たちの歌声や楽器の音を感じながら、のびのびと演奏することができました。
特に歌声は他校の先生方からもほめていただきました。

休憩時間には、ほっとした表情でお茶を飲んでいました。
帰りは、音楽の先生のお話をお聞きした後、今日の演奏を振り返り、たくさんの子どもたちが「いい演奏ができた!」と手を上げていました。

11月19日(月) 今日の給食

 今日の献立は、ご飯・みそかつ・すまし汁・野菜のおかか和え・鬼まんじゅう・牛乳です。

 今日は、日本味めぐり〜愛知県編〜です。同じ目黒区の学校栄養職員に「愛知県出身」の栄養職員がおり、郷土料理のレシピをいただいて行いました。

 みそかつは、トンカツに八丁味噌で作った味噌ダレをかけていただきます。味噌ダレには砂糖も入り、かなり『甘め』ですが、「愛知県出身」の栄養士曰く、「これが本来の味噌ダレなのでレシピは変えないで!」ということで、いただいたレシピのまま行いました。
 確かに甘めのソースですが、八丁味噌とよく合い、美味しい味噌ダレになりました。(味噌田楽につけるような味の味噌ダレです。)
でも、「子どもたちは普通のソースがいいと言っているんじゃないかなあ・・・。」と思い、教室へ行き、味噌ダレの感想を聞いてみました。
「味噌ダレ美味しかった人!」「はーい!!」半分以上の子どもたちの手が挙がったので、ほっとしました。何人かは「ソースのほうがいい。」、残りの子どもたちは「どっちも美味しい」でした。

 鬼まんじゅうは、さつまいもの角切りが入っている和菓子です。本来は蒸すのですが、今回調理上、オーブンに熱湯を差し、蒸し焼きにしました。鬼まんじゅうの名前の由来は角切りさつまいものごつごつした様子が鬼のようなので、この名がついたそうです。生地にはベーキングパウダーなど一切入らないので、硬い生地になりますが、さつま芋の甘みがおいしいお菓子になり、子どもたちもほとんど残さず食べていました。

 今日は配るものがたくさんあり、子どもたちは配るのがとても大変だったのですが、お皿を割ることもなく、一生懸命配り、たくさん食べていました。

「見たこと、かんじたこと」2年 国語

 2年生の国語では、先週から「見たこと、かんじたこと」という単元で、詩の学習をしています。
 子どもたちはいろいろな詩に触れ、詩の楽しさを味わいました。そして、自分自身で詩を作る学習に入りました。
 物の様子や形、働きなどの特徴をとらえて、自分の見たこと、感じたことを詩にしました。作った詩は真っ白な紙に清書し、絵もつけて、一つの立派な作品として仕上げました。

「季節のフェスティバルをひらこう!」 2年 生活

 2年生の生活科では、今までの生活科の学習のまとめとして、12月18日に「季節のフェスティバル」をひらく計画を立てています。
 フェスティバルでは、ゝ╂瓩離侫.奪轡腑鵐轡隋辞季節のお店おいもパーティーを予定しており、今はお店の計画に取り組んでいます。
 やりたいお店を決め、お店のグループ毎に集まり、グループのリーダーを決めました。そして、どのようなお店にしたいかイメージ図を書き、お店の出し方、必要なものなどを話し合いました。
 子どもたちは「これは何を使えばいいですか?」「これを使うんですか?」と聞いてきますが、「何を使いたい?自分たちで話し合ってごらん。」と、用意できるものであれば、できる限り子どもたちの案で進めたいと考えています。
 お店を用意するにあたり、ご家庭にご協力をお願いするものも出てくると思います。そのときは子どもたちのために、ぜひご協力ください。お願いいたします。

11月16日(金) 今日の給食

 今日の献立は、菜飯・豆腐のステーキきのこソース・白菜の甘酢煮・牛乳です。
菜飯には、炒めた小松菜・鶏ひき肉、炒り卵が入ります。小松菜は一回ゆでたあと、油で炒めるので、くせはあまり気になりません。
 1年生のクラスでは、最初「ごはんちょっと減らしたい〜」と減らした子が何人かいたのですが、食べてみたら・・・、「先生やっぱり取り戻してもいいですか?」と減らしたぶんを取り返しにきていました。

 
 豆腐のステーキきのこソースは、豆腐に小麦粉をまぶし、油をふって、オーブンで焼きます。(おうちであればフライパンでもいいですね。)カリッと仕上がり、油で揚げるよりもしつこくなく食べることができます。きのこのソースは、きのこがとにかくいろいろ入っています。生椎茸、えのきたけ、しめじを使いしょうゆ味に仕上げました。

 きのこが嫌いな子には「なんでこんなの出すのー!」という感じかもしれません・・・。
 しかし、味を濃い目に仕上げているので、きのこくささもなく、きのこのおいしい味と歯ごたえが楽しめます。「きのこ苦手」と言っていた子でも、「これ食べられた」と言う子もいました。きのこソースより、低学年では豆腐の残りが意外と多く、1個でもよかったのかな?と思ってしまいました。

 「白菜の甘酢煮」は「もやしの甘酢煮」の白菜バージョンです。もやしの甘酢煮ほどではないですがよく食べていました。

11月15日(木) 今日の給食

 今日の献立は、高菜入り肉味噌丼・けんちん汁・りんごのコンポート・牛乳です。

 今日は、すぐ近くにある目黒区立第三中学校の人気献立を紹介しました。目黒区立第三中学校は下目黒小学校の卒業生が多く通っている中学校です。子どもたちにも聞いてみると「おにいちゃんが行ってるよ」「おねえちゃんが今三中に通ってる!」と言う子がたくさんいます。

 第三中学校も下目黒小学校と同じように学校に給食室があり、お昼にはお弁当ではなく、給食を食べています。そこで、下目黒小学校と第三中学校の栄養士で、お互いの学校の献立を交換することにしました。下目黒小学校の子どもたちは、ちょっと背伸びをして中学校の献立をいただきました。やはり、小学校と中学校では量だけではなく、すこし味付けにも違いがあります。

 今日の献立は、中学校ではちょっと酸味がある高菜漬けを使っており、トウバンジャンで辛味も小学校よりかなり強いレシピになっていました。小学校では低学年の子がいるので、あまり辛くならないように、辛味をかなり減らした味付けにしました。それでも味噌がしっかり利いていて、ご飯がもりもり進みました。「ご飯が足りない!もっとほしい!」と言われてしまいました。

 また、りんごのコンポートには「赤ワイン」で色づけをしています。子どもたちにそのことを伝えると、「えー!!よっぱらっちゃうじゃん!!」(アルコールはすべて飛ばしています。)しかし、少しワインの香りがする大人のデザートに仕上がっていて、「食べてくれるかな?」と心配でしたが、生クリームを添えて一緒に食べた子どもは、「あ、おいしい!」「桃みたいな味がする!」「生クリームと食べるとおいしい!」とよく食べていました。


 けんちん汁は、小学校でもよく出しています。「けんちん汁、好き!」と言う子が多く、中高学年は残りも少なかったのですが、低学年にはボリュームがあったようで、ちょっと残りが多くありました。


 「中学校の献立はどうですか?」と聞くと、みんな「おいしー!!」と言う返事が返ってきました。

川の資料館

4年生は、総合的な学習の時間に、学校のすぐそばを流れている目黒川について調べ学習をしています。
先月見学したときに、一人一人が川のことについて調べてみたい課題を決めました。ビオトープが大好きな4年生だけあって、「『目黒川の生き物』について調べてみたい!」という子がたくさんいました。
今日は、課題を解決させるための川の見学でした。前回よりもたくさんの鳥が資料館の付近にいました。子どもたちはみんな鳥に夢中でした。資料館の中でも、初めて知ったことや自分がわかったことを、ノートに熱心にまとめていました。
来月も、鳥を見たり、川の様子を見たりしながら、川の資料館の新津さんからお話を聞いて、さらに深く目黒川について勉強します。


リコーダー名人になりたい!

今日は、3年生のために、ゲストティーチャーである井上先生が、ご自身の数種類のリコーダーを持って来てくださいました。
井上先生が「どうぶつのもり」の作曲者だと知ると、3年生は「わ〜!すごい!」と驚きの表情でした。
3年生が使っているソプラノリコーダー以外に、アルト・テナーなどを吹いて見せてくださった後、伴奏の音楽を聴いて何の曲か当てる「クイズ」を出題され、正解の曲をリコーダーで演奏してくださいました。子どもたちは素敵なリコーダーの音色を真剣に聴いていました。今回の体験を通して、12月の招待給食で自分たちも上手に演奏したい、と思ったようでした。これからが楽しみですね。

とったよー!おいも!

 今日は、春に植えたさつまいもの収穫をしました!
 まずは、つるをとりました。子どもたちは自分の体より長いつるを引っ張って、畑の外に出しました。
 つるがとれたら、いよいよおいもほりです!
 手やシャベルを使っておいもをほりました。大きさは、子どもたちの顔より大きそうなものから、指くらい小さいものまで、形は、スーパーで売ってるものと同じものから、ひょうたん型、にんにく型まで、いろいろなものがありました。
 子どもたちは「おいもどこだ〜?」「土って冷たいね。」と言いながら、おいもを探しました。自分で見つけてとったものは、どんな小さなものでも大喜び!自分で収穫する喜びを味わいました。

 ほった後に感想を聞いてみると、「自分で植えて育ててとったのは初めてだから、うれしい。」という声が多く上がりました。
 また、多くの子どもたちは、おいもはほったらどんどん出てくると思っていたようで、「探すのが大変だった。」という感想も多く出ました。

 ほったおいもは、来月の「季節のフェスティバル」のときに調理して食べる予定です。何を作るかは、これから子どもたちと話し合って決めます。
 保護者の皆様には調理をお願いしたいと考えていますので、ご協力よろしくお願いいたします。

音楽集会(5年生発表)

5年生が連合音楽会で演奏する合唱・合奏を、校内発表しました。
学芸会の練習に追われた10月の後半は、とても忙しい中、休み時間などを使って練習しました。学芸会が終わって、本腰を入れて練習できるようになりました。
2クラス合同練習もあまりできませんでしたが、短い時間で集中して練習することも学んでくれたのではないかな、と思います。
今日は、緊張しながらも精一杯歌い、演奏できたと思います。5年生の一生懸命さが音にのって1〜4年生・6年生に伝わったようで、みんな真剣に聴いてくれました。
いよいよ本番!16日金曜日の午後です。風邪がはやっていますが、一人も休むことなく、練習の成果を発揮し、自信をもって楽しんで演奏してほしいと願っています。

11月14日(水) 今日の給食


 今日の献立は、ツナトマトスパゲティ・カリカリパンのサラダ・牛乳です。
ツナトマトスパゲティは、ツナとホールトマトがたっぷり入ったソースです。子どもでも食べやすいようにケチャップも入れます。
 
 サラダには、パンを切ってオーブンで焼き、カリカリにしてクルトンにします。ドレッシングには、りんご酢・玉葱・ブラックペッパーなどを使います。さらに、味にこくを出すために、粉チーズも加えます!!子どもたちが粉チーズをスパゲティにかけないか心配なので、これから見に行ってみようと思います・・・。

歯科健康診断と歯みがきチャレンジ週間

 今日は歯科健康診断がありました。
 校医の先生に歯の健康状態を見ていただいた後に、磨き方の指導を受けました。子どもたちは大きな歯の模型を見ながら、真剣に話を聞きました。

 「歯みがきチャレンジ週間」ということで、給食後に歯みがきを行いました。子どもたちは「1本1本丁寧に磨くんだよ!」と言い、一生懸命歯みがきをしました。この一週間で、歯みがきの習慣が身に付くといいと思います。
 給食でも歯の健康に基づいた献立が出され、「歯も生きている」ということを子どもたちに話しました。ご家庭でも歯の健康について話し合い、朝・夕の歯みがきの様子を見てあげてください。
検索対象期間
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 モバイルページ(携帯サイト)
 アクセス専用QRコード▼  
目黒区立下目黒小学校
〒153-0063
東京都目黒区目黒2-7-9
TEL:03-3491-0332
FAX:03-5496-4859