台風21号が接近してきます。特別な対応をとる場合は、この欄でお知らせします。気を付けてお過ごしください。

3月9日(金) 今日の給食

今日の献立はご飯・さばの味噌煮・五目金平・ナムル・牛乳です。
今日の献立はどれも子どもたちから人気のあるものです。
特に、五目金平・ナムルは野菜嫌いの子どもたちでも食べてくれます。

ただ、今日の写真を見て、野菜の量を多いと思いますか?少ないと思いますか?
今日はそのことを話に6年生の教室に行きました。
厚生労働省が推進する「健康日本21」では1日の野菜の摂取量を350g以上(成人一人当たり)としています。
そのうち緑黄色野菜は120g以上、淡色野菜は130g以上となります。

子どもたちのところへ行き、その話をした上で、
「では今日の給食に使われている野菜は何gでしょう?」と問題を出しました。
そうすると、150g、200g、と言うところでたくさん手が挙がりました。
でも実は111gでした。(写真は低学年の量。90.9gとなります)
「え、意外と少ないんだ」「でも量は多いよね・・・」という声が聞こえてきました。
野菜は自分がきちんと取れていると思っていても、意外と取れていないということがわかったようです。

これから中学生になり、自分達で食べ物を選ぶ機会も増えることと思います。
そのときに、今日の話と野菜の量を思い出してくれるといいなと思います。

3月8日(木) 今日の給食

 今日の献立はご飯・麻婆豆腐・中華風サラダ・はっさく・牛乳です。

 麻婆豆腐はとても人気のある献立です。子どもたちはみんな大好き!!
 でも今日は4年生のクラスに行くと、
「辛くない〜」「もっと辛くして〜」の大合唱。
もう少し辛くすることを約束してきました。
(低学年とは辛さを分けるので、安心してください。)
 
 中華風サラダはサラダの中では残りが少ない献立です。
春雨がつるつるしていて味も良く絡むからでしょうか。
いつも残りが多いクラスでも今日はちょっとしか残っていませんでした。

 はっさくは甘みと酸味のバランスが良い柑橘です。さっぱりしていておいしいのですが、子どもたちに言わせると「甘くないから苦手」だそうです。いつもより残りが多いかな・・・。甘いだけではなく、酸味とのバランスが果物のおいしいところだと思うのですが・・・。いろいろな果物にチャレンジして欲しいと思います。

3月7日(水) 今日の給食

 今日の給食はココアパン・ポテトグラタン・ゆで野菜のドレッシングソース・牛乳です。
 ポテトグラタンとゆで野菜のドレッシングソースでは季節を感じにくいかもしれませんが、旬の食材を使っています。「新じゃがいも」と「春キャベツ」です。
「新じゃがいも」は鹿児島産のもの。
 春になると暖かい地方のじゃがいもが出回り始めます。これからしばらく鹿児島や長崎といった産地のじゃがいもが最盛期を迎え、そのあと、静岡や千葉、8月ごろには青森、そして9月ごろには北海道の新じゃがいも、とバトンタッチをしていくそうです。(農畜産業振興機構HPより参考)
日本では1年中おいしいじゃがいもが食べられる、ということになりますね。
新じゃがいもをたっぷり使ったポテトグラタンは大好評。「もう1個食べたかった!」なんて声もありました。

 サラダには春キャベツを使いました。春キャベツは冬キャベツより葉の巻きがゆるく、葉も柔らかく、甘みもあってサラダにはもってこい。からし入りのドレッシングソースで和えました。4年生から上の学年はよく食べていたのですが、低学年はまだまだ野菜が良く残ります。それでも「サラダおいしかったよ!」という声は聞くことができました。


 最近またまた牛乳が残りだしました。一口も口をつけていない子が目立ちます。きちんと牛乳も飲んでほしいなと思います。

保健指導 エゴグラム

 鳥海先生による授業です。「エゴグラム」という性格診断検査をやりました。設問に答えて自分で集計し、厳しさ、思いやり、冷静さ、おおらかさ、協調性などの観点から、自分の特性をとらえました。そして、これから高めたい面をとらえ、そのためには具体的にどうすればよいかを考えました。今日学んだことを生かして、中学校でさらに多くの人と関わりながら成長していってほしいと願います。

3月6日(火) 今日の給食


 今日の献立はひじきと大豆のご飯・いわしのつみれ汁・デコポン・牛乳です。
今日は旬の食材として、ひじきとデコポンを使いました。
ひじきに旬なんてあるのかしら?と思われるかもしれませんが、海藻類は3月〜4月のこの時期に海の中で大きく育ち、収かくの時期をむかえます。
この時期に収かくし、乾燥させて保存食として一年中利用できるのですね。
ひじきは大豆と一緒に煮、もち米を混ぜたご飯に混ぜこみました。
とってもおいしくできたのですが、ていねいに大豆だけはじいている子がちらほら・・・。とくに1年生は苦手な子が多いらしく、「豆いやだー」と言って、なかなか食べようとしません。豆は体によい食べ物です。少しずつ苦手意識を克服してくれるといいなと思います。

そして、もうひとつの旬はデコポン。ぽこっと出っ張っているのが、特徴です。
形は少し悪いかもしれませんが、味は抜群です。甘味が強く、濃厚です。子どもたちはデコポンをよく知っていて、「おうちでも食べてるよ!」という子がたくさんいました。

 今日はいわしのつみれ汁で事件が・・・。いわしのつみれは給食室でいわしのすり身を練り、団子にして、汁にいれます。ところが、今日は少しゆるかったようで、煮ていくうちにどんどんくずれてしまい、団子がなくなってしまいました。

 味はおいしいのですが、いわし独特のにおいが汁に広がってしまい、子どもたちはかなり苦戦していました。これには給食室一同大反省。「次回は白身の魚をつなぎに入れよう。」「粉をもう少し増やそう。」と反省会をしました。
次はきれいなつみれ汁を作るので、みなさん食べてくださいね!!

6年 中学の先生と一緒に栄養の学習

中学目前授業、第二弾は第三中学校の先生と家庭科の学習をしました。
栄養素を3つに仲間分けする方法は、小学校でも学習しましたが、今回はクラスごとに6つにわける方法を教えていただきました。
栄養士の先生に教えていただいてきたこと、家庭科の学習で学んだことを思い出しながら楽しく取り組みました。
栄養バランスを考えて「ラーメンの具を考える」宿題が出ました。三中の先生に宿題を見ていただけるのも楽しみです。

4年 ビオトープ


雨が降っても気温が下がらず、暖かい日が続いています。池のカエルの卵が、オタマジャクシになり、泳ぎ始めました。まだ、小さなオタマジャクシなので泳ぎ方もゆっくりとしています。百葉箱の下には土筆が顔を出しています。「今年は暖冬」だと言われていますが、ビオトープもいつもより早い春の訪れになっています。

音楽集会

先週木曜日の朝、今年度最後の音楽集会がありました。1〜6年生全員で歌う機会はこれで最後になり、みんなで「世界にひとつだけの花」を大きな声で歌いました。「もっともりあげよう!」ということで、その場でリズム楽器を演奏したい児童を募りました。「やりたい!」という子が何人も出てきて、歌に合わせて大太鼓や小太鼓、タンブリンなどを演奏してくれました。歌った子どもたちからも「楽器が入った方が楽しく歌えたよ」との声がありました。

3月5日(月) 今日の給食



 今日の献立はスパゲティミートソース・ミモザサラダ・牛乳です。

 だいぶ春めいてきました。ヨーロッパではミモザは春を告げる花、ということで、
春らしいミモザサラダにしました。
ミモザサラダは刻んだり、裏ごししたゆで卵をサラダにつかったものです。
給食ではいり卵にして、サラダに混ぜて入れましたが、
この卵がミモザの花のようなので、この名前になったようです。
 
 実は下目黒小学校の近くに大きなミモザの木があるお宅があり、
去年に引き続き、今年もきれいに咲いたミモザの花を分けていただきました。
暖冬のせいか、今年は去年より、早く花が咲いたそうです。
3月に咲くだろうとたてた献立だったのですが、
予想がはずれてしまい、今日の献立に花を紹介できるかひやひやしましたが、
なんとか花も持ってくれたようで、子どもたちに紹介することができました。
 この実物の花をみれば、なんでミモザサラダという名前がついたのか、
一目りょう然なのです。
 1年生の教室に持っていって説明をすると、
「わーほんとに卵がついてるみたいなお花だね」
「この花しぼった液で卵焼きができそう・・・」
「ふわふわしていてかわいいお花だね」とミモザサラダとお花を見比べていました。
 
 鮮やかな黄色は卵の色とうり二つ。ほわほわした花も卵のようです。
少しドレッシングの酸味が強かったので、
残念ながら1年生は残りが多かったのですが、(次回はもう少し甘いドレッシングにしなくては!)
ミモザの花はとても印象に残ったようでした。

 他の学年の子は去年見たのを覚えていたようで、「あっミモザだ!」
とすぐに気付いていました。高学年はよく食べていました!



かわいいうさぎ

図工の授業で、クレヨンを使って、みんなの大好きなうさぎの絵を書きました。生きているうさぎさんはとてもデリケート。小さな音にも敏感に反応してしまいます。「かわいい!!!」「後ろから見ると、うさぎって丸いよ。」子どもたちは興奮する気持ちを抑えながら、うさぎさんを気遣い、物音を立てないように黙々と作業に取り組んでいました。来週は、桜の絵を描く予定です。

おとなへのからだと心の変化

年間4時間の最後の保健の授業を養護教諭の鳥海先生が行ってくださいました。思春期になると、異性のことが気になり出すことを肯定的に捉えられるよう、「あなた好みの
タイプは?」という発問で、男女それぞれ1位から9位までの望む姿を得点づけました。おもしろいことに1・2組とも「優しい人」が男女そろって1位となりました。また男子で、女子のことを「頼りになる人」を選んでいるのが上位にあったことが意外で、面白かったです。その後、体の中の変化の話を伺いました。さて、感想はどうだったでしょうか。

1年授業 その後 

11月の食育の授業の時に使った3色レンジャーの模造紙。
働きによって分けられた食品が書いてあります。

 授業では、「必ず給食には3人のレンジャーがそろっているんだよ」
「だから給食を全部食べれば元気になれるんだよ」という話をしました。

 授業の後、教室に掲示したところ、その後、給食の時間になると、
この模造紙をじーっと見ている子が何人もいます。
そして、「先生、今日の給食もちゃんとレンジャーそろってるね!!」と声をかけてくれます。

 最近はちゃんとそれぞれのレンジャーの食品を当てたくて、
「先生、クイズ出して!」と言われます。
みんな覚えてしまっているようです。
 
 ただ、覚えるだけで終わらず、食べて初めて元気になれるんだよ、というところをきちんと話していきたいなと思います。

2月28日(水) 今日の給食

今日の献立はご飯・焼きししゃも・茎わかめのきんぴら・肉じゃが・牛乳です。
茎わかめはその名の通り、わかめの茎の部分です。
葉の部分とは違い、しゃきしゃきと歯ごたえがあります。
今日はきんぴらにしました。とってもおいしくできたのですが、
茎わかめがたっぷり入っていたので、どうかな??と教室を見に行ったところ、
「おいしい!」「もっと食べたい!」とよく食べていました。
でも残さいをみると、完食しているクラスもあれば、1/3くらい残っているクラスもあり、
判断がとっても難しいなあと思いました。
ただ今日初めて出した献立なので、次回は、残っていたクラスもその量が減るのではないかな・・・と思っています。

ししゃもはお酒をふって焼いただけのシンプルな献立なのですが、みんな大好き。
ほとんど残りはありません。今日は一本だけだったので、「もっと食べたかった・・・」と言われてしまいました。
肉じゃがもみんな大好きです。こちらは空っぽでした。

春がこないかなぁ 1年 図工

今日は桜の木をスケッチしました。まだ花は咲いていませんが、よく見ると木も色々な色や形をしてます。子どもたちもじっくりと見ながら描いていました。春になったらこの絵にも、花の絵を描いたりして開花させてあげる予定です。また、手形とりにも挑戦しました。思い思いの色を使って、自分の手形をとりました。この手形からどれだけ大きく育つのでしょうか。今後の成長が楽しみです。

2月27日(火) 今日の給食

今日の献立はカレーピラフシーフードクリームかけ・もやしのサラダ・金柑・牛乳です。
カレーピラフにはいかやえびが入ったホワイトソースをかけて食べます。
カレーはスパイシー、ソースはたまねぎの甘味がでていてとってもおいしいんです。
もやしのサラダはかりかりにいためたベーコンにしょうゆベースのドレッシングを作ります。
きゅうりともやしを下ゆでし、ドレッシングをかけます。
給食ではよくもやしが登場します。炒め物だけではなく、サラダや和え物にも使います。
子どもたちは、もやしが大好きなんです。くせがない味としゃきしゃきした歯ごたえに人気があるようです。
特に今日のサラダはまだまだ野菜が苦手な1年生にも「これだったら食べられる!」
と言って、よく食べていました。

今日は金柑を初めて出しました。
給食室前に飾っていたので、すぐ金柑とわかっていましたが、
食べたことがない子もたくさん。
今日はおいしい金柑を八百屋さんにもってきていただいたので、
「とにかく1口食べてみて!おいしいから!」と教室を回りました。
お手紙にも「皮ごと食べられるよ」と書いたにも関わらず、
丁寧に皮を残している子もちらほら。「皮も甘くておいしいんだよ」
と言うと、食べてみて「ほんとだー!」
やはり、低学年の子にはチャレンジ食材だったようで、
一口食べて残す子も多かったのですが、
高学年になると「おいしかった!」と言う子がたくさんいました。

カレーピラフは今日とってもおいしかったらしく、いろんなところで
「今日すっごくおいしかった!」と言う声をたくさん聞きました。

ただ、今日は低学年にはちょっと多い量だったようです。カレーピラフをたらふく食べた分、牛乳も多く残ってしまい、ちょっと残念でした。。。




言葉遊びの世界

 兄弟学年の2年生を呼んで、国語の学習「言葉遊びの世界」の発表をしました。回文やしゃれ、なぞかけなど難しいものを、2年生が分かるように、クイズ形式にしたり、ペープサートにしたり、また模造紙に大きく絵を描いたりするなど、工夫して発表することができました。2年生は真剣に考えてくれました。分からないところはヒントを出して、4年生らしい思いやりをのぞかせていました。

2月26日(月) 今日の給食

 今日の献立は五目うどん・車ぶのフライ・一塩野菜・フルーツパンチ・牛乳です。
今日は6年2組さんのリクエスト給食です。
 
 リクエストをとった中で一番多かったのはうどんでした。
うどんはどの学年にも人気があり、うどんの日はほとんど残りません。
また6年生はちゃんと野菜のおかずを選んでいる人が多く、
きちんと栄養のバランスを考えてリクエストしていました。
その中で一塩野菜を出すことにしました。
フルーツパンチは毎回リクエストに挙がってくる献立です。
今日は季節のいちごをいれました。
 
 車ぶのフライは実はリクエストではありません。
タンパク質がすこし足りないので、
(赤レンジャーですね)足しました。
 でもこちらも人気のある献立ですので、気に入ってくれるはずです!!

2月23日(金) 今日の給食

 今日の献立はご飯・魚の三味焼き・白菜の甘酢煮・かきたま汁・牛乳です。
魚は鰆を使いました。
1年中とれる鰆ですが、魚へんに春とかくように、季節の魚です。
今日は味噌・しょうゆ・しょうが・長ねぎ・三温糖・酒・ごまを合わせたものをのせて焼きました。
味噌が香ばしく、食が進んだようです。ほとんど残りはありませんでした。
白菜の甘酢煮はよくもやしを使い出すのですが、
今回は旬の白菜にしました。これもご飯とよく合います。
しかし低学年は残があり、残念でした。
その一方で、低学年に人気だったのはかきたま汁。
卵のふわふわが飲みやすかったようです。
ここのところ和食でも子どもたちは
食べるようになってきたように感じます。

2月22日(木) 今日の給食

 今日の献立は、ご飯・里芋のコロッケ・水菜のサラダ・すまし汁・牛乳です。
里芋のコロッケは里芋の煮物や汁を出すと、里芋だけ残ってきたり、
「里芋なんで入れるのー」という子が多かったので、
里芋のおいしさに気付いてもらいたいと考えた献立です。
里芋を丸のままゆで、つぶして、炒めた鶏ひき肉・長ねぎ・玉葱と塩コショウ・
しょうが汁を混ぜて、あとは普通のコロッケと作り方は一緒。

教室に行って念のため、「今日のコロッケ何のコロッケかわかる??」
「じゃがいもー!」(やっぱり・・・)「クリームコロッケ!!」

クリームコロッケと間違うほど、さといもの粘り気がクリーミーでおいしいんです。
「今日里芋だよね」(よかった・・・)

里芋苦手な人、と聞くと4、5人手が挙がります。
「じゃあーコロッケはどうだった?」と聞くと、「食べられたよ!おいしかったよ!」
「じゃあもう里芋食べられるね!」と言うと、「丸のままはだめかも・・・」
なんて言っていましたが、きっと大丈夫です。
だって、丸の里芋をつぶしただけですもの。
もし里芋が苦手な子がいたら、おうちで聞いてみてください。きっと食べられたはずです。丸のままの里芋にもチャレンジして欲しいな、と思います。

6年 中学の先生とマット運動

中学の体育の先生を特別講師にお招きして、マット運動に学年全体で取り組みました。
基本的な前転をマスターするコースでは、きれいに回るポイントをわかりやすく教えていただきました。
発展コースでは、適切に補助していただきながら、ハンドスプリング等の大技に挑戦しました。
適確に一つ一つの技のこつを教えていただいたおかげで、足の開き方や回転の滑らかさが格段によくなりました。
また、今までできなかった大技を練習する様子に、「おお!」と友達のどよめきも起こりました。
校長先生、副校長先生、新村先生も加わり、たくさんの先生と充実した体育の時間を過ごすことができました。
検索対象期間
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 モバイルページ(携帯サイト)
 アクセス専用QRコード▼  
目黒区立下目黒小学校
〒153-0063
東京都目黒区目黒2-7-9
TEL:03-3491-0332
FAX:03-5496-4859