校歌

作詞 尾上 八郎 作曲 松島 つね

窓よりのぞむ富士の峯 学びの道のゆくてには
朝夕わたる目黒川 とわの光ぞ輝ける
たかき自然の化をうけて 古葉はとめぬ烏森
誠の心ひとすじに 日に新しき力もて
学ぶぞわれらのつとめなる いざや励まんわが友よ

校章

 校章は、桜の花の中に「烏森」の校名と、月桂樹を組み合わせた図柄である。昭和3年、開校後まもなく制定されたもので、第1回卒業生がデザインしたものといわれている。桜の花はすなおでやさしい心を意味し、月桂樹は、葉が散っても役に立つことから、末永く学校を愛し、立派に成長してほしいという願いがこめられている。