理科講演会

11月22日(木)1年生がパーシモンホールで行われた理科講演会に参加しました。
筑波大学名誉教授であり、ノーベル賞受賞者でもある白川秀樹先生の「自然に学ぶ楽しさ〜セレンディピティと発明・発見〜」の演題でご講演がありました。目黒区を代表して土師龍一君が「偶然や失敗からセレンディピティができたと知りました。失敗があってもそこから何かを見いだせる様な人間になりたいと思いました。」「今まで多くの物質が発見されました。これから新物質は発見される可能性はありますか?」と感想と質問を発表しました。質問に白川先生は「十分に可能性があります。まだまだ知り尽くされてはいません。皆さん方が発見していくことでしょう。」と答えていただきました。
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30