20200117 おにぎり(磯ごはん・昆布)、豚汁

画像1 画像1
 今日は、「阪神淡路大震災」が発生して、25年目となりました。
 今なお「借り上げ復興住宅」に住む方の高齢化が進んでいます。その方たちへのアンケート結果では、いまだに震災のショックを抱えている人が3割、自身の生活が復興していないと思う人が4割、25年たっても立ち直れていない被災者が多いことも現実です。そんな中で、震災を知らない若者に最も伝えたいことは「助け合いのすばらしさ」「次の災害への備え」「命の大切さ」だそうです。
 今日の献立は、「炊き出し」です。以前九中にいた理科のT先生は、阪神淡路大震災後の災害ボランティアをしていて、各地のコンビニから災害救助用に送られた「おにぎり」を食べたそうです。
 食べられるのは幸せと思いつつ、寒い中での冷え切ったおにぎりはなかなか喉を通らなかったそうです。温かい食べ物がどれほど欲しかったか、普通に食べられることは幸せなことと言われました。
 天災は避けられないことであっても、その対処は毎日毎日を懸命に生きることで、見つけられると思います。今日の献立をよく味わって食べて欲しいと思います。

《本日の食材》
豚肉(熊本県)焼きのり(徳島県)
にんじん・長ねぎ(千葉県山武)大根(神奈川県)
さといも(埼玉県入間)
ごぼう(青森県)生姜(高知県)
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

学校経営方針

献立表

中学生の食ライフ

学校生活