20191029 ビビンバ、わかめのスープ、キョンダン(韓国白玉)

画像1 画像1
 『ビビンバ』は、お隣の韓国の料理です。「ビビム」が“混ぜる”「パプ」が“飯”の意味で、より原音に近いカタカナ表記だと『ビビンパプ』となり、韓国風混ぜご飯となります。これは子音で終わる発音法を持たない日本語においては、『ビビンバ』となるのです。
 混ぜごはんとは言うものの、ごはんの上に、ナムルや肉・卵をトッピングして、辛味噌を入れ、匙(さじ)[スカラックと言います。]で、よく混ぜ合わせてから食べます。
 「暑い時に熱いものを食べると、身体を傷(いた)めない。」といいます。なぜかというと、内臓は体温より若干高い温度でより活発に動くように出来ているので、冷たいもので冷やしすぎると機能低下をおこすからです。だから、冷たいものばかりでなく、適度に熱いものも食べてみましょう。

《本日の食材》
豚肉(熊本県)たまご(青森県)生わかめ(鳴門産)
ほうれん草(埼玉県)もやし(静岡県)
にんじん(北海道)にんにく・長ねぎ(青森県)しょうが(高知県)
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

学校だより

学校経営方針

空間放射線測定結果

学校だより(令和2年度)

新型コロナウイルス対応について