向原ふれあいまつり

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 恒例の向原住区住民会議主催「向原ふれあいまつり」が、向原住区センターを会場に開かれました。自由が丘バトンクラブ、ヒップホップクラブの児童の演技が、オープニングを盛り上げました。例年会場となる中央体育館の駐車場が改修のため使うことができず、中学生がお手伝いする屋台が出せなかったのは残念でしたが、今年も住区の皆さんの作品展示や子供向けの工作教室、ゲームコーナーなどで賑わいました。
 本校は、クッキング・クラフト部の皆さんの作品展示で参加しました。地元向原小学校児童のフラワーアレンジメントも展示されていて、なかには小学2年生の作品もあり、大人顔負けの出来映えには大変驚かされました。
 

目黒区演劇祭

画像1 画像1 画像2 画像2
 目黒区合同演劇発表会が、2日土曜日に開催された。19回目となるこの発表会は、54回を数える目黒区文化祭の目黒区演劇祭中学生の部に位置づけられている。公演には本校の他、第八中学校、大鳥中学校が出演した。
 本校からは6名の演劇部員のほか、4名の応援スタッフが参加。合唱コンクールでも披露した「ロミオにジュリエット」を熱演した。講師の方からは、「(舞台上に)人間らしい人間が、人間らしくそこにいる」と演技の要点が語られ、「人間的な魅力にあふれる演技が展開された」との講評があった。

連合音楽会(2年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 一中、十中、十一中、東山中とともに、パーシモンホールで合同合唱会を開きました。5校の吹奏楽部員による合同演奏もあり本校からも2名の部員が参加しました。十中、東山中は人数も多く舞台いっぱいに生徒が並んで壮観でした。人数で劣る一、九、十一は開会の挨拶にあったようにONE TEAMとなって対抗しました。
 画像左はバス通りまで出る道での様子です。2列に整列し白線内を歩いて安全を確保するだけでなく、話し声で沿道のお宅にご迷惑をかけないように気を遣っている様子も見られました。(もちろん出発の際に先生のご指導もあったのですが…。)
 音楽ホールに良く声が響いていたと思いますが、舞台から客席までの距離のせいなのか、学校の体育館の時よりやや迫力に欠けるように感じられたところが残念でした。
画像右は開演を待つ九中生の様子です。

Happy Hallowe'en

画像1 画像1 画像2 画像2
クッキング・クラフト部の皆さんの季節感あふれる飾り付けの第2弾です。(前回は七夕飾りでした。)
 筆者の子供の頃にはもちろん平成時代の前期には見られなかった年中行事です。仮装した子供たちが近所を回りキャンデーなどのお菓子をもらう行事との認識です。グーグルによると「ケルト人の1年の終わりは10月31日で、この夜は秋の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくる」と言いますから日本のお盆みたいな行事ですかね。仮装するのは有害な精霊や魔女から身を守るため。盆提灯にあたるのがカボチャで作る「ジャック・オー・ランタン (Jack-o'-lantern)」ですね。もともとは収穫祭との位置づけです。
 お祭り騒ぎが過ぎてさまざまな批判もあるところ、本来の意味を踏まえて節度ある楽しみ方をしたいものです。

クリーン・ディ

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
毎月恒例(第3木曜日の午前7時45分から)のクリーン・ディです。今回は後期に入って初めての活動です。3年生から活動を引き継いだ2年生が主体となって行います。また、本部役員の皆さんの本格的な活動デビューでもあります。

道徳授業地区公開講座

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 来年度から道徳の授業が変わります。「考え、議論する道徳」と言われ、教科書が用意されたり、評価をつけたりもします。
 今日の道徳授業地区公開講座で行った授業は、問題解決的な学習を進める授業における「現代的な課題」を取り上げた内容になっています。
 1年生が「性と人権」2年生が「性の多様性」「デートDV」3年生が「18歳選挙と選挙権の大切さ」をテーマとして、東京弁護士会所属の現役弁護士の方を講師として招き授業を行いました。講師の先生からは、「生徒の反応も良く、真剣に話を聞き、真面目に取り組んでくれました。」とのお言葉をいただきました。
 授業で出されたクイズの一つ。「弁護士は○○を守る」さてどんな言葉が入るでしょう?
画像は左から3、2、1年生の様子です。

連合音楽会に向けて

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 二年生が合唱の練習を再開しました。今日は、1時間目と6時間目を使って全員で練習です。1時間目の発声練習では、覇気が感じられず、本調子ではなかったようです。合唱コンクールでは「絆・愛」「心の瞳」を合い言葉に合唱づくりを進めてきた2年生ですので、本番までには「歌を愛する心」を発揮してくれると期待しています。
 本校は、11月1日(金)午後の部(13:20開演)第2番目の発表です。曲目は「きみとともに」「時の旅人」です。

 パーシモンホールに再び2年生の歌声が響き渡る。

「ONE TEAM」  後期生徒会任命式

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 「これから始まる令和初の開催となる生徒会任命式は、古き良き九中の伝統を継承しながら、私たちの手で新たな伝統を築き上げていくスタートとなります。九中生が一丸となって、新しい時代を切り開き、盛り上げていきましょー!」
「それではこれより、目黒区立第九中学校 生徒会任命式を始めます。」
(気をつけ、礼)

・ベルマーク運動に重点をおいて進めます。よりよい九中をつくるということを率先して頑張ります。(本部役員会・生徒会長)
・学年や学級の目標(教室や廊下に掲示してあります)の達成を目指して、積極的に行動していきます。(学級委員長)
・挨拶運動に重点をおき、九中を明るい挨拶の飛び交う活発な学校にしていきます。そのために積極的に挨拶をしていきます。(生活委員長)
・過ごしやすい学校にするために丁寧な掃除に協力してください。(整美委員長)
・よりよい学校生活を送るには、健康が欠かせません。今まで身につけてきた良い生活習慣をさらにできるようにしていきましょう。(保健給食委員長)
・図書室を快適に利用できるよう環境整備に努めます。皆さんルールを守って利用しましょう。(図書委員長)
・お昼の放送で使うCDを持ってきてくれるよう協力をお願いします。初めての放送委員ですが早く慣れていきたいと思います。(放送委員長)

左:後期委員の勢揃い。右:壇上の生徒会長と各委員会委員長(6/7名が女子) 

知彼知己、百戦不殆

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 今日は、3年生とその保護者の皆さんに進路説明会を開きました。「合唱コン・ロス」なんて思っているのは、筆者だけであって、生徒たちは最終目標を見据え、既に新たなスタートを切っています。
 第1回目の説明会では、(現状で)「なれる自分」ではなく、(将来の)「なりたい自分」をめざすように話しました。今回は、もうこの時期には、具体的な進路(進学したい学校)は決まっているでしょうから、(高校を)「選ぶ」のではなく、(高校に)「選ばれる」自分をめざしていきましょうと話しました。
 そのためには、「彼を知り己を知れば、百戦殆うからず」の精神が必要です。「合格をめざすなら、受験のための準備を周到にしていきましょう。」ということです。全員が「百戦殆うからず」の準備をしてくれると期待しています。

勝って兜の緒を…

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
合唱コンクールが終わってしまった。

○とても元気よく歌うことができました。今後は合唱としてのハーモニーを追求していきましょう。
○声が出るようになってきて、安定していました。もっと勉強して表現力をつけていきましょう。
○豊かで美しくのびやかな歌声でした。皆さんが合唱を披露する機会は、もう一度あります。期待しています。

 輝く時代(次代)つくるのは〜、
   われらをつらぬく  大 使 命 ぃ〜♪
                      われらが第九中学校…♪


保護者・地域の皆様、ありがとうございました。


3年生の意気込み

コメントなしです。
画像1 画像1
画像2 画像2

2年生の意気込み

コメントなしです。
画像1 画像1
画像2 画像2

1年生の意気込み

今回もコメントなしで提供します。
画像1 画像1
画像2 画像2

「いよいよ明日は本番です。

画像1 画像1 画像2 画像2
練習の成果を発揮できるよう。精一杯頑張りましょう。」実行委員長の言葉です。
会場準備が、2年生の手で着々と進められています。
「合唱の発表時間は短いものですが、これまでの練習の積み重ねがあります。一生懸命取り組みましょう。最後まで諦めずに、全力を尽くしましょう。」
「自分たちの学級の発表を頑張ることはもちろんですが、他のクラスも同じように合唱コンクールに向けて取り組んできました。他のクラスの発表に対しても敬意を払う必要があります。鑑賞態度も大切な合唱コンクールの要素です。他のクラスの合唱を応援する気持ちをもって聴きましょう。」
「合唱コンクールの成功をめざして全員の意識がまとまることが大切です。たった一人の行為で、コンクールが台無しになることもあります。一人一人が自覚をもって臨みましょう。」

 くじらのたつたあげ〜♪(昭和40年代の給食メニューVer)
                         「鯨の竜田揚げ」

 午前中の校長会のため、3年生最後の練習の様子を見ることはできませんでした。また、「合唱団ひるやすみ」(三年有志)については、全く練習の様子が分かりません。毎朝、先生から習った発声練習(ちくわのいそべあげ)から丁寧に(基礎を大切にして基本をしっかりおさえる)練習をしている女子の皆さん(男子もいるかも?)ではないかと推測していますが、謎の合唱団です。いずれにしても最高学年の3年生です。本番の圧倒的なパフォーマンスを期待しましょう。

「九中生、十日会わざれば、即ち更に刮目して相待すべし」
 
生徒たちを応援に来てください。

学年練習(2年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 男子の安定感がグッと増してきています。女子の皆さんの高音も大変伸びやかです。幼さが残る(変声期にある)1年生に比べ、抜群に声の質が高まっている印象です。画像でははっきりしませんが、自由曲練習におけるA組とB組の違いが分かりますか?
 音楽科の先生から次のようなご指導をいただきました。
課題曲「時の旅人」は、4つの部分に分かれています。それぞれに曲の色が違います。ここをどう表現するか(がポイントです)。場面の違いをはっきりとさせることが肝心です。柔らかく歌うか、朗々と歌うか、弾むように歌うか、その他、声の質を考えて演奏しましょう。
 それぞれの学級がどのように表現してくるか。その違いを楽しみに当日の演奏に耳を傾けたいと思います。
 今日のA組の自由曲練習は、伴奏なしでした。当日ピアノが加わったらもっと素晴らしい演奏になること間違いなしです。

学年練習(1年生)

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
 デジタルカメラの感度が良いので画像では分かりませんが、曇り空のため薄暗〜い体育館で練習をしています。本番と同様に照明なしです。1年生の本番前最後の体育館練習の様子です。1年生は、給食終了後、昼休みにも練習の歌声が聞こえます。
 しかし、声の響き、音の広がり方が全く違います。教室では伸びやかに響いていた歌声が、体育館では…?。会場に合わせた歌い方、声が出せるか、対応が求められます。AB組とも指揮者の指揮も見所です。正面を向いている歌い手に目がいきがちですが、合唱を盛り上げようと体全体で指揮を執っています。

リハーサルの様子3

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
各画像がどの場面なのかは当日確かめてください。

リハーサルの様子2

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
コメントなしです。

リハーサルの様子1

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
今回はコメントなしでアップします。

節目に節を抜く

 終・始業式といえば、学校生活一年間における節目である。学校生活の区切りとなる大切な日だ。目黒区は2期制をとっているので春と秋の2回である。秋の終・始業式の間隔は、わずか3日間である。この3日間で前期の反省をし、課題を見つけるとともに、後期の目標を立てて、計画を練り上げるのである。
 そもそも「節」という言葉は、樹木の成長過程で生じるものをさしていう。特に竹の節は、その驚異的な成長を支える成長点として重要な役割を果たしている。つまり、物事には区切りをつけることが必要で、その区切りごとに成長の糧があると考えると良いだろう。終・始業式につきものの「通知表」は、まさしくこの「糧」にあたる。
 通知表で一番注目を集める項目は、各教科の評定であることに疑いはないであろう。これまでの学習に対する取り組みの成果が数値で表され、その上下に一喜一憂する生徒たちのいかに多いことか。しかし、評定はあくまでもこれまでの結果である。過去を顧みることは必要なことだが、悔やんでばかりでは意味(進歩・成長)がない。竹の節を抜けば、筒になるように、通知票の内容を参考にして、来学期の見通しを立ててもらいたいものである。「節目に節を抜く」が如く、より高い目標を一人一人が設定してくれることを期待している。

 1990年8月 モンブラン(ヨーロッパ)
 1992年12月 キリマンジャロ(アフリカ)
 1992年9月 コジアスコ(オーストラリア)
 1992年12月 アコンカグア(南アメリカ)
 1993年6月 マッキンリー(北アメリカ)
 1994年12月 ヴィンソン・マシフ(南極)
 1996年1月 エルプルス(ヨーロッパ・ロシア)
 1997年5月 チョモランマ(アジア)

これは、1999年25歳で、七大陸最高峰の最年少登頂記録(当時)を達成した登山家の野口健さんが、大学の一芸入試で試験官にプレゼンテーションした内容だという。
 一芸入試であるから学力試験は一切ない。全国各地から一芸に秀でた受験生がやってくる。
「インターハイで優勝しました。」「国際コンクールで入賞しました。」
このとき野口さんは、大きな山(モンブラン、キリマンジャロ)を2つほど登っただけ、登山家として誇れるような実績も腕もなかった。自分の番が来るまで、他の受験生の輝かしい一芸(実績)を散々聴かされた。
「これは自慢だな」
「過去」は確かにすごい。でも、だからどうだというのだろう?試験官も自慢のオンパレードに飽きているように見える。野口さんの番が来た。野口さんは視点を過去でなく、「未来」に向けた。入学後どうなるかを書き出して伝えた。七大陸の最高峰制覇を期限入りで予告した。
 野口さんは、見事合格した。入学後、史上最年少で七大陸の最高峰を制覇した。野口さんによると「自慢組」は落ちたそうだ。野口さんが「ぼくの夢は、七大陸の最高峰をぜーんぶ登ることです。」と目標(夢)を語ったとしたらどうだろう。「へぇー、すごいね。」で終わっていただろう。
 「いつ、なにを、どうする。」野口さんは自分の意思(目標)具体的に語った。目標を設定し、実現の見通しをもつとは、こういうことを言うのだと思う。「合唱コンクールでの優勝を目指します。」「これからは中堅学年としての自覚をもって生活します。」「目標は志望校の合格です。」目標をもつことは必要だが、これでは目標を立てたことにはならない。いかに目標を達成していくか、そこまでしっかりと考えたい。Kata
山田ズーニー著 あなたの話はなぜ「通じない」のか 筑摩書房 を参考にしました。
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

学校経営方針

献立表

中学生の食ライフ

学校生活