下目黒小学校ホームページへようこそ Welcome to Shimomeguro Elementary School's website!

安全マップ発表会

5年生が、後期の「総合的な学習」として取り組んできた安全マップ発表会を、20日の参観日に4年生を対象に行いました。
5年生は、安全マップのまとめの時期と、風邪やインフルエンザで多くの子どもたちが欠席した時期が一致してしまいました。しかし、出席している子どもたちで協力し合って安全マップを仕上げました。「わいわいレコーダー」というソフトを使って、保護者の皆様と一緒にフィールドワークで撮ってきた危険な箇所や安全な箇所の写真も活用して完成させました。そして、最後は、情報教育指導員の荒巻先生からホームページにまとめていただきました。
4年生には、まず自分の通学路から見てもらいました。5年生は、自分の担当の場所で説明を行いました。普段はとても元気いっぱいの5年生ですが、実はとても恥ずかしがり屋なのです。でも、「冬休みに家の人とまわって点検したけど、今日の発表はもっとくわしくて感心しました。」「何々班の発表は、とても分かりやすくて良かったです。」等々の感想をもらって、ちょっと得意気でした。
お手伝いしてくださった保護者の皆様、荒巻先生、おかげさまで無事に発表会ができました。本当にお世話になり、ありがとうございました。

全日参観日の親子交流

20日は今年度最後の授業参観日でした。5年生は、家庭科の授業のまとめとして「ミルクレープ作り」に挑戦しました。保護者の方々に参加していただいて、一緒にクレープを焼いたり、ホイップクリームを作って飾り付けたりしました。
ものすごい集中力で次々にクレープを焼いている子ども。
果物を切って、クレープへの飾り付けの工夫をしている子ども。その姿からはおいしいミルクレープを完成させようとの熱意と集中力を感じました。
「おいしい!」口々に出てきた言葉はこの一言。「こんなにおいしいミルクレープを食べたのは初めて。」と、みんなの顔がほころびました。みんなで黙々と食べました。「おいしいものは無口にさせる。」というのは本当です。「家でまた作るよ。」との報告もありました。
材料を買って準備してくださった学級さん、時間をやりくりして一緒に作ってくださった保護者の皆様、準備から後片付けまで手伝ってくださり本当にありがとうございました。おかげで、楽しい時間を共有でき、子どもたちにとって楽しい思い出がまた一つ増えました。
本当にありがとうございました。

吉原知子選手との交流

アテネオリンピックバレーボール女子チームの主将だった「吉原知子選手」と5年が交流をもちました。社会貢献の一環としての「読み聞かせ」とスポーツ交流をしていただきました。吉原選手を前にして緊張気味の子どもたち。なかなか声が発せません。ようやく「将来の夢」ということで1人ずつ発表をしました。
いつも元気いっぱいでの5年生ですが、あいにく5日(月)よりインフルエンザや風邪で欠席者が増えていました。連休明けにはきっと元気に登校するだろうとの期待もむなしく、欠席が15名にもなりました。欠席者の確認やら学級閉鎖にするかどうかなどなど、学校側もあたふたする悪条件の中での交流となりました。
しかし、吉原選手は「読み聞かせ」とバレーの体験を通して、「協力・思いやり」の大切さを子どもたちに分かりやすく伝えてくださいました。
その後、体育館でバレーボールの指導。今まで、ソフトバレーボールではバウンドを1回してもよいルールだったのですが、バレーボールと同じにバウンドなし、3回で相手コートに返すルールで試合を行いました。なかなか上手とほめられ、鼻高々な子どもたちでした。
全員が参加できなかったことは返す返すも残念でしたが、オリンピック選手から指導を受ける体験ができた子どもたちには幸せな時間でした。

社会科見学

19日(金)に、5年生は横浜方面へ社会科見学に出かけました。38名全員が参加しました。
午前中は、環境エネルギー館。地球温暖化とかゴミや水、ガスなどのエネルギーの消費について問題提起がされていました。今ちょっと元気がない「かけがえのない地球」、一人一人ができることは小さなことかもしれませんが、まずできることから始めようと考えさせられました。屋上のビオトープには、「モリアカガエル」のたまごがありました。このカエルは、卵を産み付けてからまた冬眠するのだそうです。そして、たまごがオタマジャクシになる頃に目を覚ますそうです。
午後は、日産のエンジン組み立て工場。日産のフェアレディZが展示されていました。日産のエンジンは、2000年から連続7年クリーンなエンジンとして世界で表彰されているそうです。組み立て工場でのロボットの作業も自分の目で確かめてきました。このように機械化されている工場でも、手作りで作業の効率化を工夫しているのだそうです。機械ではできない微妙な調整は人間が受け持っていることも確認できました。世界でも優秀な日本の自動車産業、最先端の技術には機械と人間がバランスよく生かされていることも分かりました。

地域清掃

5年生は、17日の5時間目地域清掃として「下目黒住区」の大鳥公園の清掃を行いました。
軍手やゴム手袋、ゴミ袋などを用意して、準備万端。30分弱の清掃活動でしたが、燃えるゴミと燃えないゴミが1袋ずつできました。
「たばこの吸い殻が多かった。」「植え込みとか外から見えないところにゴミが捨ててある。」
「お菓子のからやスーパーの袋なども多い。」等々の感想がでました。
短時間の清掃活動でしたが、公共の場の使い方について考えさせられた活動でした。

下仁田から届いたネギ

5年生が、宿泊総合で植えたネギが12日(金曜日)にたくさん届きました。「下仁田ネギ」というのは、下仁田でできるからではなく、品種の名前なのだそうです。だから、どこで作っても下仁田ネギとよばれるということを、下仁田での活動で学んできました。
3回もの植え替えを行って(これは、下仁田のハッピーハウスの方々がしてくださいました。ありがとうございます。)収穫された立派な太いネギ。
子どもたちは、「太いな。」「ネギ大好き。」「今日は、すき焼きだ。」「すぐ食べないとだめかな?」「4人家族だからたくさんほしいな。」等々大歓声でした。
大喜びで、持ち帰りました。残りは、学校給食で全校のみなさんに召し上がっていただくことにしました。今日の(17日)「スープ仕立ての和風スパゲティ」で、使用していただきました。
家で食べた感想は、「甘かった。」「本当においしかった。」「餃子にしたよ。」「まだ食べてないけど、冷蔵庫に入れてある。」などです。
旬のおいしいネギを送ってくださって本当にありがとうございました。これから、下仁田にお礼の手紙を書きます。

下仁田からネギ

あけましておめでとうございます。
5年生は、今年の干支である亥年の年男と年女がたくさんいます。
最高学年になる準備期間としてのこの3ヶ月、「心・体・頭」を
今まで以上に鍛えていこうと考えています。
今日は、宿泊総合でお世話になった下仁田から、「下仁田ネギ」がたくさん届きました。
足りなかったらと、子どもたちが植えた以上にたくさん送ってくださったそうです。
本当にありがたいことです。
早速、子どもたちにネギを分けて持ち帰ってもらいました。
「ネギ大好き!」「今日はすきやきだ。」「今日中に食べなくてもだいじょうぶですか?」
「4人家族だからたくさんほしいな。」「太くて大きいネギだね。」「あのとき植えたネギがこれ?」などと大騒ぎで、1人2本ずつ持ち帰りました。残ったものは、給食に利用していただいて全校児童にも味わっていただきます。(水曜日の献立で)
この後、下仁田にお礼の手紙を書く予定です。自分たちが植えたネギはどんな味がしたのか、また、こんな料理を作ってみたとか、家族の感想等々書けたらよいと思っています。
たくさん送っていただいた「旬のネギ」、どんな感想が出てくるのか楽しみです。

12月最後の英語活動

12月最後の英語活動は、クリスマスツリー作りでした。
全員が、自分の手を色画用紙で切り抜いて、日付と名前と願い事を書き込みました。
そして、グループで分担して、ツリーに手を貼る・飾りを作る・メリークリスマスの文字を切り抜く・飾り付けをする等の作業を行いました。
みんなで協力した結果できあがったツリーです。
一人一人の願い事が叶いますように!
そして、これからもクラス全員が、「健康で、楽しく、平和な日々を」送れますようにと願って廊下の掲示板に貼りました。
来年も、子どもたちにとって幸せ多い年になりますように!












公共図書館のブックトーク

5年生は、身近にある「目黒区立図書館」をもっと有効に活用できるようにと考えて、調べ学習に役立つブックトークをお願いしました。
まず、図書館の本の分類等について説明を受けた後、「冬」の季節に合わせて昆虫や植物の冬越しの様子が分かる本をたくさん紹介していただきました。
落ち葉もよく見ると笑い顔や泣き顔など表情を持っているように見えるのです。(空いている穴の位置によって、顔に見立てていました。)新しい発見でした。また、冬越しの木の芽も顔に見えるものがたくさんありました。
「月夜のみみずく」の学習をした後でしたので、ふくろうの生態を写真でも紹介してあり改めて、ふくろうやみみずくについて学ぶことができました。カエルや鉄砲魚がえさをとる瞬間など、この写真を撮るまでどのくらい時間がかかったのかと考えさせられるものもありました。
これを機会に、公共図書館の利用が増えると嬉しいです。

家庭科ナップザック作り

5年生は、ミシンを使って初めての縫い物に挑戦しています。
下糸の巻き方、上糸の通し方、返し縫いのレバーの使い方等々、
初めて目にしたり、耳にしたりすることばかり。
ナップザックを作る子、トートバッグを作る子、肩掛けバッグを作る子と、
好きな袋を選んで縫っています。
ありがたいことに、四苦八苦している子どもたちの力強いおたすけウーマン、
保護者の皆様が毎週お手伝いに来てくださっています。
そのおかげで、もう1回(2時間)で、袋は完成しそうです。
残りの時間で、自分たちだけで糸を通して縫えるようにぞうきんを
縫ってみようと考えています。
完成品を使える日が待ち遠しいです。

家庭科調理実習

5年生は、野菜サラダ、カレー作りに続く3回目の調理実習を行いました。
炒り卵と野菜炒めです。野菜の材料は、キャベツ、にんじん、タマネギ、ピーマンです。
ピーマンをどうしても入れたいとの希望がとても多くてびっくりしました。
バケツ稲で作り、すずめの被害を逃れたほんの一握りの玄米と新米を混ぜて、
2塋のご飯を炊きました。
給食の献立も配慮していただき、ご飯と鯖のみそ煮が出ました。
給食のご飯を食べた子どもたちが、「さっきのご飯のほうがおいしかったね。」と一言。
新米だからおいしかったんでしょうが、それにしてもよく味の違いがわかったものだと、
感心しました。子どもの舌、さすがでした。
野菜炒めの塩加減や炒り卵の油の量など、子どもたちは家でも実践したいと大喜びでした。
「炒り卵作って食べてきました。」と報告する子どももいます。
料理上手な子どもが増えるといいですね。

5年 連合音楽会リハーサル



15日の音楽朝会で、5年生は連合音楽会で演奏する曲を全校児童の前でご披露しました。
合唱は「この星に生まれて」、合奏は「君をのせて」という曲です。両方とも、子どもたちがいくつかの曲の中から選んだものです。夏休み以来練習を続けてきた成果を、音楽集会という機会を通して聴いてもらうことができました。
家の方々も多数ご参加くださり、緊張気味の子どもたちでしたが、一生懸命に演奏しました。
その後、3年生・1年生の音楽の時間に、「5年生のようにきれいな声で歌いたい。」「5年生の合唱で、2部に分かれていたところがすごかった。」等々の感想が聞かれたそうです。そして、いつもよりきれいな声で歌うことができたそうです。
いよいよ明日は本番、今まで練習してきたことを、自信をもって表現できますようにと願っています。

就学時健診で活躍した5年生

9日(木)は、下目黒小学校で来年度の新1年生の健康診断がありました。
受付や誘導などのお世話をしたり、会場を設営したりと、新1年生の健診のお手伝いを行いました。自分の弟や妹が1年生になる子どもたちもたくさんいて、それぞれに小さい子どものお世話を楽しみにしていました。6年生に代わって、学校の仕事をしたのは初めてのことです。緊張しながらも、晴れがましい気持ちで仕事をしました。
6年生になると、休み時間や清掃、コンピュータ活用や運動会の交流種目でのかかわり等々、1年生のお世話をすることがたくさんあります。「優しく頼りがいのあるお兄さん、お姉さん。」を目指して努力していきます。

連合音楽会に向けて

5年生は8日(水)に、6年生に連合音楽会で演奏する曲を聴いてもらいました。
そして、アドバイスや激励のお手紙を6年生からいただきました。
「合奏がとても上手でした。指揮者を見ている人がとても多くてびっくりしました。」「2部合唱ができていてすごいです。」「口を大きく開けて歌うといいです。口を開けてない人の方が目立ちますよ。」等々。
たくさんのほめ言葉と激励・アドバイス等を、5年生は照れくさそうに読みながら嬉しそうでした。
今日は、校長先生も合唱を聴きに来てくださいました。「以前に聴いたときと比べると、声がよく出るようになっていて感動しました。一人一人が心と力を合わせて後3日練習がんばりましょう。」との激励をいただきました。
6年生のアドバイス、校長先生の激励を受け止めて、17日本番に向けて新村先生のご指導通りに、元気いっぱいに練習に励んでいきたいと考えています。
15日の音楽集会での発表、17日のパーシモンホールでの演奏と、みんなで演奏する回数も本当に残り少なくなりました。今まで積んできた練習の成果を発揮して、楽しい思い出が増えますようにと願っています。

バケツ稲の収穫

5月から始めたバケツ稲の収穫を10月に行いました。
心配したとおり、ほとんどはすずめのえさになってしまいました。
残ったわずかな稲から、籾を取り、玄米にしました。
1つの穂から、108粒というのが一番たくさん実った稲でした。
ほんの一握りの玄米ですが、1粒1粒子どもたちがていねいに籾殻を剥きました。
22日に予定している調理実習で、新米に混ぜてご飯を炊く予定です。
今から楽しみにしています。

家庭科の授業から

5年生は、家庭科でナップザック作りを始めました。展覧会、書き初め等の作品作りと家庭科の実習をタイアップさせて、クラスを半分に分けて学習を進めています。
今日は、Aグループが家庭科。Bグループは図工でした。
ナップザックの縫い代分にチャコペンで印をつけて、しつけをかけました。まち針で指を刺してしまったり、縫い針になかなか糸が通らなかったりと大騒ぎでしたが、全員しつけはかけ終わりました。
次回は、Bグループが、ミシン縫いに挑戦です。

5年 理科の実験から

2校時に5年生は理科の「てこのはたらき」の実験を行いました。校庭に出て、運動会の棒ひきで使った太い竹の棒を使い、支点は体育用具、力点は人間の力を加え、作用点はバケツ稲や自分自身がぶら下がって持ち上げられるかを調べました。
本当に、親指だけで友達を持ち上げることができてびっくり!勢い余って竹の棒にひびが入ってしまったグループもありました。支点と力点の距離が長いほど、弱い力で持ち上げられることを確かめることができました。

RD検査

「RD検査ってなーに?」・・・RD検査とは、むし歯の原因である細菌が口の中で、どのくらい活発に働いているかを調べる検査です。歯の質が弱い人や細菌が活発に働く人は、むし歯になりやすいのだそうです。5年生は、歯科校医の小枝先生のご指導でRD検査に取り組みました。
検査の仕方
1.口の中でよく唾液を混ぜ合わせ、スポイトで唾液をとる。
2.ディスク(検査のキッド)の上に唾液をたらす。
3.自分の腕にはって、15分間手で押さえる。(細菌の働きを調べるため)
4.腕からはがしたディスクの色で判定する。
   ☆青・・むし歯になりにくい。
   ☆紫・・危険信号 
   ☆赤・・とてもむし歯になりやすい。
5年生は、ほとんどが「青」。むし歯のある子どももとても少ないとほめられました。
むし歯を防ぐためには、食後の歯磨きだけではなく、規則正しい生活習慣が大切とのお話がありました。
「80歳で自分の歯が20本あるように!」との目標に向かって、これから長いおつきあいの「歯」をますます大切にしようと感じた授業でした。

英語活動でハロウイン

英語活動で、ジャコランタンを作りました。紙皿のカボチャの顔に目鼻を付けてかわいい小物入れができました。外国では、ジャコランタンと言うそうです。
次の時間には、じゃんけんゲームで遊びました。魔女とおばけと吸血鬼が、それぞれグー、パー、チョキと決まっています。出会ってお互いに、「ハロウイン、ハロウイン」とあいさつをした後、I am witch.とか、I am ghost.と言い合って、じゃんけんで負けた側が相手のカードに名前を書きます。決められた時間内にたくさんの名前を集めた子どもが勝ちです。2分間で、5つ名前を書いてもらえた子が1位でした。なかなか、勝てる相手に会うことは難しいようです。

連合音楽会に向けて練習中

連合音楽会が11月17日に予定されています。
夏休み前にそれぞれの担当する楽器を決め、夏休み中も自主練習を続けてきました。
合奏の曲は「君をのせて」、みんなで選んだ曲です。曲想をどのようにつけて演奏するかを考えながら、朝、休み時間、放課後とパート毎の練習を行っています。
合唱は、「この星に生まれて」です。ピアノの伴奏は、2人の子どもたちが行います。今日初めて、子どもの伴奏で歌いました。歌った子どもたちは、「伴奏すごいね。難しいのによく弾けるね。」と、伴奏した子どもたちは、「あんなに声が出ているなんてすごい。」と、互いに相手をたたえ合っていました。
もう、連合音楽会まで10日あまり。みんなの心を一つにして、悔いが残らないように精一杯練習をがんばっていきたいと考えています。
検索対象期間
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 モバイルページ(携帯サイト)
 アクセス専用QRコード▼  
目黒区立下目黒小学校
〒153-0063
東京都目黒区目黒2-7-9
TEL:03-3491-0332
FAX:03-5496-4859