10/23(月)本日は区の対応基準に従い、通常通りの登校です。周囲の状況に十分気を付けて登校するよう、お子さんにお声がけください。

6年生ありがとうキラキラサザエです。1年生から


キラキラサザエ、きれいでしょう、1年生がお世話になったお礼に6年生にプレゼントするために作ったんです。このサザエは6年生が鴨川移動教室の体験学習でサザエカレーを作った時のものなのです。地元(千倉町)の方々がきれいに洗ってくださいました。中には6年生へのお礼の巻物お手紙がくるくるくる巻かれて入っています。ちゃんと渦巻きの蓋もしめました。

ありがとう6年生、3年生より



こちらは3年生から6年生へのプレゼントです。メッセージスタンドや写真立てになります。この材料は6年生が作ったルームランプの電気のセットになっていた板と木の部品から作りました。実際にはルームランプは大きな作品ですので別の板を使ったのでこの材料がそのままあったのです。色とりどり、楽しい工夫をしました。相手の6年生の喜ぶ顔を思い浮かべながら作ったのです。

和室の水屋



和室の水屋の天袋と襖です。水屋はたいへん狭いので天袋も襖もはずして撮影しました。内側の襖は開き戸にはっています。向きを変えて撮影しました。この水屋の中の作品も低学年のファンがたくさんいます。みんな和室に行くのがとても楽しみになりました。

6年生:木工動くおもちゃ先輩〜後輩へ



毎年6年生が楽しみにしている動く木工作品です。.船腑灰譟璽箸わがた羽をとじている時、△阿ぁ爾鵑箸里咾鬚靴討い觧のように動きます。実は一昨年の6年生の作品たがめを見て「いいなあ。」と思って作ったのです。今中学2年生の先輩はこの作品を再び持ってきてくれましたので現在6年生の子は現物を上から見て裏から見て横から見て作ることができました。図工を通しても先輩と後輩はつながりがあるのです。

6年生:木工作品



1枚の板から思い思いの設計をして作りました。発想豊かでしっかりした作品ばかりです。ただ今西玄関に展示中です。

5年生:焼き物土鈴



粘土をこねて中に小さな粘土玉を新聞紙をまるめたものと一緒にくるみます。好きな形に作り、釉薬をぬって焼きます。中の新聞紙は燃えて灰になりました。灰を出すと粘土玉がころころころころとやさしい音でなるのです。今年はびっくり、なんととうもろこしの土鈴もやけました。にこにこかわいい顔のキャラクターもいっぱい、楽しい作品です。1階印刷室廊下に展示中です。

和室の襖:4年生地袋



大きな襖を制作した5年生に続いて4年生もがんばりました。ちぎり絵で制作した地袋です。

和室の襖;4年生天袋


お茶室としての設備を完備しているこの和室には水屋もあります。その水屋の天袋です。広間の真ん中には炉もきってあり、押入も広く一間あります。その裏側に記念の署名を4年生、5年生がならんで残しました。清勢表具店さん、宇野紙店さん、本当にどうもありがとうございました。一生の記念・思い出となります。

和室の襖



和室の内側、畳の大広間がわです。早い春から春爛漫、押入がわで秋になります。鶴に亀、錦鯉、木の芽、富士山、桜吹雪、かん水模様、秋のもみじ、富士に鷹、かわいい白鳥の親子に、きのこ。おめでたさあふれる和室になりました。「ここで暮らしたーい。」という子もたくさんいました。無理もありません。私図工専科も同感ですもの。

和室の襖



新聞にも取材されましたがとてもすばらしいできばえです。子どもたちも大喜び、茶の湯の会も行っています。
竹藪と夏の風景は和室の入り口玄関です。自然をテーマにした世界ですが、ここにだけ人の手によるものがあります。それはわらぶき屋根の家、風鈴、見えかくれに浮かんでいる舟です。すべて子どもたちのデザインです。なんと情緒のあることでしょう。全員の下絵を取り合わせて構成しました。


3年生:ステンドちょうちょ



スクリーンちょうちょのネガでつくりました。ステンドグラスのようで光を通してとてもきれいです。

春がきた



三寒四温、春と聞かねば知らでありしを・・・。でもおひな様を見ると心もあたたかくなります。春にうきたつうれしい気分。風邪に気をつけてもうひとがんばりですね。

読売・毎日新聞、イッツコムで報道

昨日の襖の鑑賞会のことが読売新聞と毎日新聞(2月15日朝刊)に掲載されました。また、作品づくりの授業の様子などはイッツコムというケーブルテレビで2月17日(金)17時、20時、22時、24時と18日(土)6時、8時30分からの「いっつ365」の番組(30分)で5〜6分ほど放映されます。毎日新聞の記事は毎日のHPにも掲載されています。
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/tokyo/news...

襖 鑑賞会&茶の湯の心 5年


14日、5年生が制作した襖を鑑賞する会が和室で行われました。班ごとに制作にあたって苦労した点や工夫した点を発表し合った後、お茶の歴史や点て方などの話を聞きお点前を楽しみました。

1年 図工 春が来た

1年生は、花の飾り「春が来た」を作りました。円の形に切り、端を折って、絵を描き、ホッチキスでとめます。完成した作品は玄関の天井からつるします。かなり長い期間展示します。

まもなく 襖 完成  5年生


和室の襖の切り絵はりがまもなく完成です。子どもたちの真剣な作業の様子をイッツコム(東急ケーブルテレビ)のカメラマンが撮影しています。14日(火)のお披露目の会、襖鑑賞会も取材され、その後テレビで放映されます。

梅一輪 いちりんほどの 暖かさ

「梅一輪 いちりんほどの 暖かさ」という有名な俳句がありますが、この時期にぴったりな、春が待ち遠しくなる句です。この俳句と今年の犬年を合わせたものです。大宰府に流された菅原道真の「東風(こち)吹かば にほひおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘そ」という歌と飛梅(とびうめ)の話も有名です。道真がこの歌を詠んだところ、庭に植えてあった梅の枝が、一夜にして道真の行く九州に飛び移ったといいます。今年は冬の厳しい冷え込みのため、大宰府の飛梅の開花が例年より大幅に遅れています。学校にある梅の開花もまだまだです。

楽しかった学芸会:4年生

猫の島のお客様は実はネズミたちでした。きゃーどうなるの?はらはらどきどき、でもだいじょうぶ、大きなチーズのおみやげまでいただいたのでした。ほっ。


楽しかった学芸会:1年生

あつーい、あつーい、あつーい夏にはじまってさむーい、さむーい、さむーい冬へ。ありときりぎりすのお話でした。まるで絵本の中に入り込んでいくような楽しくて美しいすてきな舞台でしたね。絵にもその楽しさがあふれているようです。


楽しかった学芸会:2年生

本当の宝ものは?高価な品物ではありませんでしたね。よく働き、元気に遊び、お年寄りの人たちを大切にすること。みんながみんなをお互いに大切にするやさしい心です。大笑いしてほろりとするすてきな劇でした。


検索対象期間
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 モバイルページ(携帯サイト)
 アクセス専用QRコード▼  
目黒区立下目黒小学校
〒153-0063
東京都目黒区目黒2-7-9
TEL:03-3491-0332
FAX:03-5496-4859