下目黒小学校ホームページへようこそ Welcome to Shimomeguro Elementary School's website!

保健指導 3.4年生

 3年生・・「食べ物の旅」
 紙しばい「食べ物の旅」を読んだ後、食物が体の中で消化される順番や消化の時間を学習しました。また小腸の長さを予想し、実際の長さをテープで測った時は子どもたちから驚きの声が出ました。規則正しい排便習慣のある子どもが少ないため、食生活や日常注意することなどを話しました。
 4年生・・「体に良い飲み物は?」
 日頃子どもたちがよく飲むと思われる飲み物の砂糖の量を予想しました。予想と実際の量の差にびっくりしたようです。「健康にいい飲み物を家の人に教えようと思いました。ジュースは控えるようにしたいです」の感想がでました。同じ砂糖の濃さで暖かい物と冷たい物の飲み比べでは、冷たい方が甘さを感じにくいというのを実感しました。

保健指導 5.6年生

 5年生・・「脳について考えよう」
  頭は大切と言われるけれど、そのしくみについて考えよう。クイズ形式で学習しました。「頭蓋骨の厚さはどのくらい?」「脳をさわった感じはどれと同じ?」などいくつか問題をだしました。特にたった3僂慮さだけど大事な脳を守っている頭蓋骨や脳は豆腐と同じ位柔らかく、衝撃に弱いということに、頭は大切と感じたようでした。
 6年生・・「自分発見」
  エゴグラムという自己分析の仕方の一つである方法を使って、自分を見つめました
50の質問に答え、その得点から自分のタイプがわかり、対人関係を円滑に行うために自分はどうしたら良いかわかります。子どもの考えは「自分の意見をはっきり言う。いいかげんな態度をやめる。決まりや約束を守る。自分に厳しく、相手に優しくする」

保健指導 1.2年生

1年生・・からだの名前いえるかな!
   「体の名前とその働きや保健室に来る前にするてあて」について学習しました。
 保健室に来てもけがをした場所(ひじ、ひざ、足首・・)などが言えず、ここと指をさして話す子どもが多いのが気になります。正しい体の名前と働き・保健室に来る前のけがの処置(水洗い・止血)について学習しました。
2年生・・せなかをぴん!
   「良い姿勢」について学習しました。
 人間の体の中には内臓があり、その内臓を守っている骨の働きについて絵本「せなかをぴん」を読みました。授業中のすわり方、テレビを見ている時の姿勢などから悪い姿勢が体におよぼす影響について学習しました。
検索対象期間
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 モバイルページ(携帯サイト)
 アクセス専用QRコード▼  
目黒区立下目黒小学校
〒153-0063
東京都目黒区目黒2-7-9
TEL:03-3491-0332
FAX:03-5496-4859