校歌

作詞 土岐 善麿  作曲 平井 康三郎

 
空は高いな 雲が飛ぶよ 富士をあおいで 朝の風に 希望にそだち  平和に生きる
草がしげれば つゆもみどりか みちをいそげば いつもさわやか ああ われらの 東山小学校
花もさき 鳥もなく みんな友だち たゆみなく あせらずに みんなすすもう  
ひかりと かげに かこまれて 正しく つよく すこやかに   
まなぶたのしさ ひろびろと  ひとり ひとりが  新しく  

校章

校章

本校の校章は昭和33年10月12日に制定されました。開校にあたり初代校長行方桂七先生が、彫刻家 国図会版画家会員笹島喜平先生に依頼して作成されたものです。図案は、中央に東山の文字を置き、その左右に点を配して「小」の字を象ったものです。東山の文字に重なる三枚の木の葉は、月桂樹の葉で、「大志をいだけ」の意味をもっています。東山の文字の外側の形は、学校から見えた富士山の山容を象徴し、さらに、盾を加えて重さをましています。