本校の教育目標

学校の教育目標

人権尊重の精神を基調とし、人間性豊かで、国際性に富み、自ら学び、自ら考えることのできる児童を育成する教育を目指し、次の教育目標を設定する。

  • 健康で心ゆたかな子ども(重点目標)
  • よく考えて実行する子ども
  • 進んで学習する子ども

学校の教育目標を達成するための基本方針

  1. 人権教育の推進
    ○「目黒区の子ども条例」の主旨をふまえ、全教育活動を通して、子ども一人ひとりを大切にし、人権を尊重する教育の徹底を推進する。
    ○学級経営の充実を通して、自他の生命を尊重し、子ども一人ひとりのよさや可能性を伸長し、組織を活用して、いじめや荒れのない学級・学校の確立を目指す。
    ○全教育活動を通して、人権尊重の精神を基盤にした人間教育や自国および世界の伝統・文化を理解し、一人ひとりが表現力を高め、互いの考えを理解し合えるようコミュニケーション能力を培う。
  2. 学習の基礎基本の充実と個性を生かす教育
    ○学力の基礎基本の確実な定着及び習得を図るために、午前5時間制を実施し、授業を中心とした校内研究を充実させるとともに、少人数学習集団による指導を推進し、学習指導要領の徹底を図る。
    ○午前5時間制実施にあたり、学習指導の連続性・継続性の確保を図る。時間割の工夫においては、学習活動を午前中に集中し、午後にゆとりをもって児童と教師が向き合える学習環境を整備する。
    ○指導形態を工夫し、子ども一人ひとりの能力や習熟度、個に応じた教材開発を行い、子どもたちの学習意欲を喚起させ、自ら学ぶ姿勢を培う指導法の改善に努め、学力の基礎基本の定着に努める。
    ○朝の読書を帯び時間として設け、学力の基礎基本の確実な習熟を図る。
  3. 創意工夫を生かした特色ある教育
    ○第一中学校との接続の観点から9年間を見通した教育課程の編成を実施し、本校独自の言語活動のカリキュラムを生かした教育活動を推進する。
  4. 豊かな心と社会性をはぐくむ道徳・生活指導の充実と推進
    ○基本的生活習慣の定着と社会規範を守り、道徳性を高める指導の徹底を図るために、全教職員が共通理解のもとに全校児童の指導に当たり、子ども一人ひとりを育てる。また、楽しい学校生活と好ましい人間関係をはぐくむために、自他の違いを認め、互いを尊重し合い、心が通い合う学級創りに努める。
    ○特別支援教育では、特別支援学級などの助言又は、援助を活用し、一人ひとりのニーズに対応する支援体制を確立し、教育相談の充実を図る。
  5. 健康・安全教育充実
    ○「めぐろ子どもスポーツ健康手帳」や「新体力テスト」の結果を活用し、明るく楽しく運動に親しむ資質や能力を育て、進んで健康づくりを実践しようとする態度を育てる。また、食育リーダーを中心に食育を推進するなど健康教育を更に進める。
    ○安全指導の徹底を図り、日常生活における安全のための判断力・実践力を培う。
  6. 児童・保護者・地域に開かれた学校創りの推進
    ○学校の活動状況をホームページや学校便り、行事、公開授業、保護者会等で積極的の広報、公開することで開かれた学校の推進をし、信頼される学校創りに努める。
    ○学校運営協議会の導入を視野に入れ、学校・家庭・地域が一体となった教育活動を推進するために、児童・保護者・地域の願いを生かした「学校評価」「学校評議員」の制度の推進を図る。